6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヴォロディミル・ゼレンスキー氏はロシアと中国を平和サミットを損なうとして非難した

ヴォロディミル・ゼレンスキー氏はロシアと中国を平和サミットを損なうとして非難した

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、 ゼレンスキー氏は、中国は「各国が平和サミットに出席するのを阻止しようと取り組んでいる」と述べた。

  • 著者、 テッサ・ウォン
  • 役割、 BBC ニュース、シンガポール

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、スイスで予定されている世界平和サミットを台無しにしようとしているとしてロシアと中国を非難した。

同氏は、ロシアは他国の参加を思いとどまらせようとしており、中国も同様に努力していると付け加えた。

同氏はアジア安全保障フォーラムで、中国から「ロシア兵器の要素」がもたらされているとも述べた。

中国はウクライナ戦争ではどちらの側にも味方しないと主張しているが、この立場に対して特に米国からの疑問が高まっている。

中国政府は武器部品を送ってモスクワを支援したとして非難されている。 また、大量の石油とガスを購入し、西側制裁の影響を和らげることでロシア経済を支援しているとみられている。

ゼレンスキー大統領は、ロイド・オースティン米国防長官や中国の東軍国防相を含む世界の国防指導者が出席したシンガポールでのシャングリラ対話にサプライズ登場した。

今回の訪問はアジア諸国からの支持を得ることが狙いだ。 地域指導者らとの会談に加え、同氏は代表団に対し、6月後半に予定されているサミットに出席するよう促した。

ゼレンスキー大統領は、この合意は核安全保障、食糧安全保障、ウクライナ人捕虜とロシアで拘束されている子どもたちの解放の達成に焦点を当てていると述べた。

同氏によると、これまでに106カ国がサミットにハイレベルの代表や指導者を派遣すると表明しているという。

ロシアは招待されず、中国も出席しなかった。

BBCは、ロシア政府が事前にスイスに参加を望まないと通告していたため、ロシアへの正式な招待は行われなかったと報じた。

ゼレンスキー大統領は、ロシアが農産物や化学製品、エネルギーへの封鎖をすると脅し、参加しないよう各国に圧力をかけ、サミットを妨害しようとしていると主張した。

同氏は、一部の国がこの「外交妨害」に加担しているとも付け加えた。

その後、同氏は中国について言及し、高官級代表の派遣を約束し他国に出席を奨励している米国とは異なり、中国は「各国が平和サミットに出席するのを阻止しようとしている」と述べた。

中国外務省は、この会議は「ロシアとウクライナの承認を享受し」、平等に参加すべきだと述べた。 「そうでなければ、会議が平和の回復に実質的な役割を果たすことは困難になるだろう」と会議の広報担当者は金曜日に述べた。

ゼレンスキー氏はまた、中国の指導者習近平氏が以前に「この戦争では脇に座り、ロシアを武器で支援しない」と約束していたと述べた。

しかし、さまざまな諜報機関によると、現在では「ロシア兵器の一部である品目」が中国から輸入されていると同氏は付け加えた。 同氏は中国に対し「確固たる」立場を維持するよう求めた。

米国は、中国がロシアのより多くの軍需品、装甲車両、ミサイルの製造を支援していると述べた。 ロシアが輸入する工作機械の約70%と精密電子機器の約90%は中国から輸入されていると推定されている。

これに先立ち、中国の東軍国防相は、ウクライナ紛争においてどちらの側にも武器を供給していないと述べた。

同氏はまた、民生用と軍事目的の両方に使用できる軍民両用技術の輸出に「厳格な規制」を課していると述べた。

同氏は演説で「われわれは火をあおるようなことは決して行っていない」とし、「われわれは平和と対話の側にしっかりと立っている」と述べた。

ゼレンスキー氏は対話中にドン氏とは会わなかったが、オースティン氏とは会ったと述べた。 ゼレンスキー氏によると、両者はウクライナがロシア領内で米国の兵器を使用することを許可するという米国の決定について話し合った。

この決定にはいくつかの制限があります。 BBCが規制解除を要請したかどうか尋ねると、激しい戦闘が発生したハリコフ地域の国境でウクライナが砲撃ミサイルシステム「HIMARS」の使用を許可した米国に感謝していると述べた。

「これで十分なのか?いいえ」と同氏は述べ、「ウクライナが反撃しないことを承知で」ロシアが絶えず発砲している空港があると付け加えた。

米国はフランスなど他の西側諸国と連携し、西側諸国が供給した兵器の使用についてウクライナにさらなる自由を認めている。 ロシアはこの措置の「深刻な結果」について警告した。

ゼレンスキー大統領がアジアを訪問するのは今週末が開戦以来2回目となる。 彼は1年前、日本の広島で開かれたG7首脳サミットにサプライズで登場した。

READ  ロシア・ウクライナ戦争ニュース: ライブアップデート