7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロシアと北朝鮮の合意は中国の影響力を弱める可能性があるが、中国政府は依然として両国に対して影響力を持っている。

ロシアと北朝鮮の合意は中国の影響力を弱める可能性があるが、中国政府は依然として両国に対して影響力を持っている。

北京(AP通信)-明確な選択肢がないため、中国は距離を置いているようだ ロシアと北朝鮮が接近中 独裁国家3国の力のバランスを崩す可能性のある新たな防衛協定を通じて相互に協力する。

専門家らは、中国指導者らは金正恩朝鮮労働党委員長とロシアのウラジーミル・プーチン大統領の影響を受けて北朝鮮に対する影響力を失う可能性を懸念している可能性が高いと指摘する。 契約は今週署名されたこれが朝鮮半島の不安定性の増大にどのようにつながるか。 しかし中国政府もまた、世界舞台で米国や西側同盟国と対立しながら南北の平和を維持するという相反する目標のため、対応策を見つけるのに苦労する可能性がある。

中国政府はこの協定についてまだコメントしておらず、両国にコメントを求めている 守備の補助を提供する 相手国が攻撃されたとしても、朝鮮半島の平和と安定を支持し、南北分断の政治的解決を促進するという典型的な発言を繰り返すだけだ。

戦略国際​​問題研究所のアジア・韓国担当上級副社長ビクター・チャ氏は、中国の反応は「非常に弱い」と述べ、これは中国政府がまだ何をすべきか分かっていない兆候かもしれないと付け加えた。

さらに「どの選択も悪い選択だ」と付け加えた。 「見解が激しく対立しているために決断できないか、あるいは状況をどう評価すればよいのかわからないために決断できないかのどちらかです。」

ロシアと北朝鮮の提携は、世界情勢における米国の支配に対抗する手段として北京の一部の人たちには歓迎されているかもしれないが、影響力を失いたくない中国には「多大な不快感」もある、とチャ氏は語った。米国は隣国ロシアに近い核戦力がこの国を不安定化させることを望んでおり、欧州の紛争をアジアに移したくない。

しかし、中国はこうした懸念を公には提起していない。 「彼らは金正恩氏をウラジーミル・プーチン大統領の腕の中に押し込むことを望んでいない」とチャ氏は両国指導者について言及した。

中国外務省の林建報道官は、新たな協定についてのコメントを控えた。 同氏は、北朝鮮を正式名称である朝鮮民主主義人民共和国の頭文字で言及し、「ロシアと北朝鮮の協力は二つの主権国家間の問題である。我々はこの件に関する情報を持っていない」と述べた。

ホワイトハウスのジョン・カービー国家安全保障報道官は記者団に対し、ロシアと北朝鮮の合意は「国連安全保障理事会決議が順守されるべきだと信じている国にとって懸念すべきことだ」と述べた。 安全保障理事会は北朝鮮の核兵器開発を阻止するために制裁を課した。

カービー氏はまた、この合意は「ウクライナ国民を支援することが重要なことだと信じている人にとっては懸念すべきことだ」とも述べた。 「中華人民共和国もこの懸念を共有すると信じています。」

カーネギー・ロシア・ユーラシア・センター所長のアレクサンダー・ガブエフ氏は、中国が懸念する可能性のある分野の一つは、ロシアが先端技術を共有することで北朝鮮の兵器計画を支援するかどうかだ、と述べた。

同氏はさらに、「中国が本当に懸念しているのであれば、ロシアと北朝鮮の両方に影響力を持ち、その関係に何らかの制限を課そうとするかもしれない」と付け加えた。

今週のプーチン大統領と金氏の会談は、東アジアにおける数十年にわたる複雑な政治・軍事関係の最新章であり、かつては弱者だった中国共産党が、北朝鮮とロシアの両国に影響力を及ぼす主導勢力として台頭した。

こうした動きやその他の動向により、現在世界第2位の経済大国である中国政府がロシア、北朝鮮、イランなどと同盟を結ぶことで米国主導の世界秩序に挑戦する可能性があると米国内で懸念が高まっている。 中国政府はこの主張を拒否した。

スティムソン・センターの中国プログラム責任者のスン・ユン氏は、中国政府は「選択肢を開いたままにしておく必要がある」ため、北朝鮮やロシアとの三国同盟を結ぶことを望んでいない、と述べた。

アーカイブ – 中国の北京での会談前に握手しながら見つめ合う中国の習近平国家主席(右)とロシアのウラジーミル・プーチン大統領。 (セルゲイ・ボビレフ、スプートニク、クレムリンのプール写真、AP経由、ファイル)

ファイル - この2019年6月20日、中国の新華社通信が公開したファイル写真では、訪問中の中国の習近平国家主席(左)と北朝鮮の指導者金正恩氏がオープンリムジンから手を振り、北朝鮮の平壌の通りを移動している。 ロシアと北朝鮮が新たな防衛協定に向けて接近しており、独裁国家3カ国の力のバランスが崩れる可能性がある中、中国は距離を置いているようだ。  (Ju Peng/新華社、AP経由、ファイル)

ファイル – この2019年6月20日、中国の新華社通信が公開したファイル写真では、訪問中の中国の習近平国家主席(左)と北朝鮮の指導者金正恩氏がオープンリムジンから手を振り、北朝鮮の平壌の通りを移動している。 (Ju Peng/新華社、AP経由、ファイル)

同氏は、こうした同盟は新たな冷戦を意味する可能性があり、中国政府は避けようと決意していると述べており、北朝鮮とロシアとの関与は欧州との関係維持や日本、韓国との関係改善という中国の目標と矛盾するだろうと付け加えた。

孫氏は、北朝鮮とモスクワの接近は「可能性と不確実性の可能性を広げているが、これまでに起こったことを踏まえると、中国の国益がそれによって損なわれたとは思わない」と付け加えた。

オバマ政権で米国のアジア担当外交官のトップだったダニー・ラッセル氏は、プーチン大統領と金氏の関係が緊密化すれば中国の影響力が弱まり、中国が「最大の敗者」になる可能性があると述べた。

同氏は、「大半の中国人が自らの影響力範囲と見なしている地域へのプーチン大統領の介入に対する不快感は別として、中国にとっての本当の代償は、ロシアを受け入れることで北朝鮮がより大きな不処罰を受け、中国の利益を無視して行動する余地が増えることだ」と述べた。

現在、アジア社会政策研究所の国際安全保障・外交担当副所長を務めるラッセル氏は、金氏が中国への依存度を減らすことに熱心だと述べた。

同氏は、「中国の影響力を弱めるということは、金正恩氏が中国政府の自制の呼びかけを無視する可能性があることを意味しており、(中国の指導者)習近平氏が安定を切望しているときに混乱を引き起こす可能性が高い」と述べた。

___

タン氏はワシントンから報告した。 AP通信の記者ウィル・ワイサート氏とマシュー・リー氏がワシントンから寄稿した。

READ  中国の広東省で豪雨の後、数百万人が洪水の危険にさらされる中国