5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロシアとウクライナの紛争は世界の鉄鋼需要に大きな影響を与えるだろう-JapanSteelGroup

日本鉄鋼連盟の橋本愛二会長は記者会見で、「ウクライナ危機以前から、中国の景気後退、世界的なチップ不足、エネルギーと天然資源の価格上昇という、鉄鋼需要を減らすための3つのリスク要因に直面していた」と述べた。 。

「これらのリスクはロシアとウクライナの紛争によって悪化しており、それが長期間続くと、世界の鉄鋼需要に大きな影響を与えるだろう」と彼は述べ、ロシアとウクライナとの世界の鉄鋼貿易にも影響を与えるだろうと付け加えた。 市場に大量の在庫があります。

橋本氏は、最近の対ドル円安は日本のメーカーにとって深刻な課題であると述べた。

「2012年の円安は日本が世界的な競争力を取り戻すのに役立ったが、今では状況はまったく異なっている」と日本最大の鉄鋼メーカーである新日鉄の橋本社長は語った。

2012年に安倍晋三前首相が政権を握ったとき、「アペノミクス」と呼ばれる大胆な政策は、円が80円から120円に下がったことで、経済を復活させ、企業の利益と輸出を押し上げました。

しかし、最近の円安は、すでに流行による下落からの世界的な景気回復と脱炭素化の傾向の高まりの中で、エネルギーと資源の価格の上昇にすでに対応している日本株式会社のコストに追加されたと橋本氏は述べた。

「日本企業は円高への対応に苦労しているが、円安が初めてマイナスの影響を及ぼしている。これは日本にとって深刻な課題だ」と述べた。

(大林組レポート、HimaniSarkarとDavidEvansによる編集)

READ  バッキンガム宮殿には、英国王室の日本の遺物が展示されています。