2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロイター通信によると、日本の企業の設備投資は増加し、第3四半期も利益が続く

©ロイター。 ファイルの写真: 防護マスクとフェイスガードを着用した従業員が、5 月 18 日に日本の東京の南にある川崎市にある、ドイツのダイムラー AG が所有する三菱ふそうトラック・バス株式会社の川崎工場の自動車組立ラインで働いています。 2020年。 REU

梶本哲史

東京(ロイター) – 財務省のデータが木曜日に示したように、日本企業は7月から9月の四半期に工場設備への支出を増やした.

堅調な設備投資は、外国経済が世界的なメルトダウンの瀬戸際でぐらつき、ゼロコロナウイルス政策の制限が成長を抑制しているとしても、民間需要主導の回復の希望を維持する可能性があります.

日本企業は、第 3 四半期の設備投資を前年同期から 9.8% 増加させた、と財務省のデータは木曜日に示しており、これは 6 四半期連続の増加である。

第 4 四半期の季節調整済み設備投資は 2.4% 増加し、2 か月連続で増加しました。

このデータは、日本経済が第 3 四半期に年間 1.2% 縮小したという暫定的な推定に続いて、12 月 8 日に予定されている修正された国内総生産の数値を計算するために使用されます。

Covidの影響から回復する中、経済は依然として弱いままです。 しかし、日本のインフレ率は、他の先進国の基準からすれば依然として緩やかです。

データによると、円安は輸出に依存する大企業の利益を押し上げるのに役立つ可能性があり、企業の経常利益は 7 月から 9 月にかけて 18.3% 増加し、7 か月連続で 19 兆 8,000 億円 (1,440 億ドル) に達しました。 第 3 四半期の記録的なボリューム。

7~9月の全社売上高は前年同期比8.3%増と6四半期連続。

(1ドル=137.1600円)

READ  ゴルフ-松山マスターズはチャンピオンズディナーよりもディフェンスの準備が整っていた