9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ルーマニア、日本は橋のサイトで外交の100周年を発表します

ルーマニアと日本は木曜日に外交関係の世紀を祝い、両国の当局者がヨーロッパで最も長い吊橋の1つの場所を訪れました。

東部の都市プリラにある橋はドナウ川を渡っており、日本のIHIインフラ組織株式会社とイタリアの会社Webuldの合弁事業です。

このプロジェクトの費用は4億1100万ユーロ(4億8300万ドル)と予想され、中央スパンは1.12キロメートル(0.7マイル)になります。

サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジとほぼ同じ長さの橋は、約55%完成しており、2022年末までに完全に機能する予定です。

ルーマニアの主要な道路インフラプロジェクトを監督するNGOであるProInfrastructureAssociationのディレクターであるIonatCuriaは、AP通信に新しい橋は「重要な地域的利益」をもたらすだろうと語った。

「橋はターニングポイントです」とシウリアは言いました。 「これは国全体にとって重要です。これは間違いなく国内最大の交通インフラプロジェクトの1つです。基本的に、コンスタンツァの港とモルドバ全体、特にドナウデルタを接続します。

イタリアの請負業者であるWebledによると、橋は長さ約40,000 km(25,000マイル)の鋼棒で構成され、地球の円周に沿っています。

日本のルーマニア駐在大使である湯田博氏は、吊橋は「欧州連合への統合の素晴らしい例」であると述べた。

ブカレストの日本大使館によると、100社以上の日本企業がルーマニアで約4万人の雇用を創出しています。 2018年、安倍晋三は日本の首相として初めてルーマニアを訪問しました。

___

SikisoraのStephenMcGrathによって報告されました。

READ  セミゴルディロックスの瞬間に、株は成長不安を押し上げています