5月 18, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

リオ、日本は国際シリーズの第2ラウンドでタイをリードしています

ポストする: かわった:

バンコク(AFP)- 金曜日にタイで開催されたオープニングインターナショナルシリーズの第2ラウンドで釘を刺した後、日本のティーンエイジャーの久恒リオが予想外の半分でリードした。

2020年にプロ選手になり、ティーンエイジャーのフアヒンは海辺のリゾートのブラックマウンテンカリキュラムで14歳未満の試合で6歳未満のバー66を打ちました。

このイベントは、物議を醸しているサウジアラビア主催のアジアツアーの国際シリーズの旗艦であり、ジューシーな150万ドルの財布が特徴です。

「今日のコース管理はとても良かった。とても嬉しい」と、7羽の鳥と1羽のボギーを管理した久恒は語った。

「今日はとても暑かったので、私はそれに慣れていません」とティーンは言いました。

ヒシャツネは韓国のスンギオル・クアンとトヨブ・マンと66に近いが、前の金曜日の試合でフラストレーションを表明した。

「前回、鳥を捕まえられなかったのでがっかりしました」と彼は言いました。 「まだ2ラウンドあり、まだ長い道のりがあります。」

リーダーボードは、前のリードから外れたにもかかわらず自信を持っていたアジアンツアーナンバーワンのキム・ジュヒョン(68)によって支配されました。

「それはまだそれほど丸くない、そしてそれは私にチャンスを与えるだろう」と彼は言った。

韓国のTaeheeLee(64)、南アフリカのJaco Ahlers(63)、タイのChanat Sakulpolphaisan(66)、アメリカのTodd Baek Karting(66)が全員出場しました。

最後に、タイのアマチュアセンセーションであるRatchanan’TK ‘Santhananuvathは、彼がプレイしたすべてのアジアンツアーイベントで彼の走りを続けました。

彼は15歳の誕生日を祝って、週末の6歳になるために68点を獲得しました。

READ  Japan Gold Corpは、2022年の研究プロジェクトの立ち上げにより、日本のIgudaharaプロジェクトにおける質の高い機会を強化しています。