10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ユロは日本で金と銅を獲得しました

フィリピンの体操選手、カルロスユロは、木曜日に日本で開催された2021年の日本シニアおよびマスターズ体操選手権のグラウンドフィットネスイベントで、金メダルとボールトメダルを披露します。 Koch MunehiroKukimiaのFacebookページからの写真

フィリピンの体操選手、カルロスユロは、木曜日に日本で開催された2021年の日本シニアおよびマスターズ体操選手権で2つのメダルを獲得しました。

ユロは、地上運動イベントで、ボールト競技で金メダルを15,300ポイント、銅メダルを15,000ポイント獲得しました。

Yuloの日本人コーチMunehiroKukimiaは、東京オリンピックでのYuloの樹液パフォーマンスに言及し、ソーシャルメディアでYuloの成功を共有しました。

21歳のユロは、10月18日から24日まで北九州で開催される第50回FIGアート体操世界選手権に出場する予定です。

ユロはドイツでのトーナメントの2019年版でフロアトレーニングを支配し、彼は王冠を守るために出かけました。

東京オリンピックに出場した後、彼はボックスで4位、お気に入りのフロアエクササイズイベントで41位になりました。4フィート11のユロは、日本でのトレーニングと勉強を続けたいと思ったため、フィリピンに戻りませんでした。 ニールビクターマソイ

READ  日本の株式はウォール街のロックを監視し、テクノロジーは米国の利上げの恐れを軽減します