6月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ミュージックストリーミングの収益は日本で過去最高を記録

日本のデータ

経済界


2021年までに、サブスクリプションサービスやビデオストリーミングを含むインタラクティブストリーミングは、日本で生み出される音楽使用料収入の3分の1を占めるようになるでしょう。

日本の作家・作曲家・出版社の王立学会は、2021年の音楽使用料が前年比3.6%増の1,167億円になると発表した。 これは2019年に記録された2番目に高いレベルです。

音楽購読サービスやYouTubeなどのインタラクティブストリーミングが原動力となり、前年比16.0%増の375億円となった。 インタラクティブストリーミングは2015年から成長していますが、COVID-19の流行の間、コミュニティ全体がオンラインアクティビティを受け入れ、デジタル化が普及し、サブスクリプションサービスとビデオストリーミングの使用が増加しました。

コンサートやカラオケなどのショーの収益は4.8%増の162億円でしたが、それでも流行前の水準を大きく下回りました。 放送収入は減少の兆しを見せ、6.7%減の280億になりました。

リサの「紅蓮華」(レッドロータス)は、人気のテレビアニメの主題歌として使用された、2021年にJASRACによって2年連続で配布されて最も多くの使用料を生み出しました。 モンスターを殺す:鬼滅の刃。 2位は映画版の主題歌としてリサが再び使用した「ほむら」(炎)。 ゴーストスレイヤー:フェイストレイン。 TVアニメ主題歌「海海きだん」 呪術廻戦 8位。

邦楽の王族配給トップ10

(日本語訳。バナー写真©Pixta。)

音楽
ストリーミング

READ  日本のパイメーカーは、スイカを持ち運ぶためのバッグを販売しています