5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マスクの必要性を緩和することについての議論は日本で始まります

仮面の男たちは2022年4月25日に東京の神座を歩く。 (京都)

東京(京都)-コロナウイルスと戦うために人々がマスクをどれくらいの期間着用すべきかについての議論が日本で高まっています。

第六に国内感染が減少しているため、専門家のアドバイスに沿って海外の国々が特定の状況下でマスクを落とすため、多くの人が焦りの兆しを見せています。

日本の専門家の中には、外にいる人を連れ去ったり、社会的距離を守るなどの制限を緩和することを提案する人もいます。 この問題に関する議論は、Govt-19に関する政府の専門家パネルに蓄積されているようです。

4月20日、日本医師会会長の長川敏夫氏は記者会見で、「日本の人々がマスクを外す日はないだろう。COVID-19」と記者会見で語った。

しかし、国が公共の場所でのマスクの使用を主張することによってその人生の3年目に入るとき、欲求不満はインターネット上で構築されています。 ソーシャルメディアの人々は、「ほとんどの人がマスクを着用しているが、感染は広がる」と「欲求不満の気持ち」を訴えています。

4月27日の記者会見で、中川氏は、COVID-19による感染の恐れがあるまで、人々はマスクを着用し続けるべきであると繰り返し述べた。 江東重幸厚生大臣は、「マスクの着用は非常に重要だ」と付け加えた。

しかし、山木場経済金融政策相は、4月24日のテレビイベントで、「外側にマスクを使用することは、もはや現実的な可能性ではないと思う」と述べた。

同じイベントで、鳥取知事の廣井真司は、政府-19を防ぐためにこれまでに取られた措置の見直しを求め、人と人との十分な距離が保たれている限り、マスクは不要であることを公に強調した。

4月27日の会議で、政府の専門家委員会のメンバーは、マスクの推奨をいつ削除するかという問題について明確な立場をとる必要があると述べました。

会談後、記者団に語った尾身茂氏は、「二人の時が来たと言っている。

近江氏は、人々がマスクを着用するように一律にアドバイスされていた感染症の増加期から状況が変わったと述べ、グループは「合理的な基準」の観点から質問を議論すると付け加えた。

海外ではマスクの要件が緩和されています。 英国やフランスなどの国でマスクの使用が冗長になったため、米国は連邦マスク命令を廃止しました。

政府のデータによると、日本では、4月26日の毎日の新たな感染数は40,443であり、人口の51.8%が3回目のワクチン接種を受けています。

感染症の専門教授に任命された濱田敦夫氏は、「現在の感染症でも、公園や散歩に関係する人たちの間に十分なスペースがあれば、屋外でマスクを外しても問題はない」と語った。 東京医科大学。

暑さで熱中症のリスクが高まる場合、マスクを着用するのか、均一に外すのかではなく、「状況に応じて(感染症に)どう対応するのか」と浜田氏は語った。

混雑した屋内エリアでのマスクの取り外しについては、浜田氏は、ヨーロッパと同様に、日本の人口の60%以上が3回目のワクチン接種を受ける必要があると感じました。

「政府は、4〜5段階でマスク管理が徐々に緩和される地図を示すべきだ」と彼は付け加えた。

READ  フロートバイクで前進する日本の野球監督