12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マイクロンは、トラムの生産を拡大するために、日本に70億ドルの工場を建設する計画です。



ファイル写真:2019年10月24日に米国サンフランシスコで開催された製品発売イベントで発表された、データセンターの顧客向けのマイクロンテクノロジーのソリッドステートドライブ。

ニコンの新聞によると、米国のメモリチップメーカーであるマイクロンテクノロジー社は、広島の日本の製造拠点に8000億円(70億ドル)の費用で新工場を建設する。

新しいセンターは、データセンターで広く使用されるDRAMチップを生産し、2024年に生産を開始すると報告書は情報源を引用せずに述べています。

日本のミクロン当局者はすぐにコメントを得ることができなかった。

電子機器のCovid-19の流行に対応する必要があるため、メモリレスチップが不足しているため、スマートフォンメーカーやスマートフォンメーカーなどの一部のメーカーは減産を余儀なくされています。 また、路面電車のメモリチップの売上も減少しましたが、一部の業界オブザーバーは、データセンターの拡張により需要が再び増加すると予想しています。

このレポートは、チップメーカーの台湾積体電路(TSMC)が先週日本に工場を建設する計画を発表した後のものです。

日本は、経済競争力を維持するために必要な半導体の供給に彼らの会社が準備ができていることを確実にするために、国にチップメーカーを引き付けたいと思っています。

データストレージ市場向けに低速で安価なNANDメモリチップを製造しているMicronは、広島の工場で300ミリメートルのDRAM半導体を製造し、そこに研究開発施設を持っています。

($ 1 = 114.5100円)

(東京ニュースルームレポート; RashmiAichとRichardBullによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アメリカ
アジア
台湾
私たちに

READ  韓国の教育技術スタートアップRiiidが日本のモバイルアプリディストリビューターを買収