3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ホンダは日系自動車メーカーとして初めてタイでEVを生産

ホンダは日系自動車メーカーとして初めてタイでEVを生産

ホンダは日系自動車メーカーとして初めてタイで完全電気自動車(EV)を生産した。 最初のe:N1ユニットは、プラチンブリーにあるホンダの工場で製造されました。

重要なポイント

  • ホンダはタイで完全電気自動車を生産した初の日本の自動車メーカーとなり、同国の自動車産業への信頼を高めた。
  • ホンダ e:N1 は、タイの自動車購入者に内燃機関車やハイブリッド車と並んで電気自動車市場における選択肢を増やすことになります。
  • 2030年までに世界中で少なくとも200万台のバッテリー式電気自動車を生産するという目標の一環として、ホンダのe:N1の生産は、電気自動車の需要の増大に対する同社の取り組みを強調している。

ホンダ E:N1 の市場投入の詳細は、来年の第 1 四半期に発表される予定です。 タイでの電動SUVの生産は、同国の自動車産業に対するホンダの自信を浮き彫りにし、現地の部品を使用し、現地の労働者を雇用することで業界の価値を高めることを目指している。

ホンダE:N1はタイで生産された最初の日本の電気自動車でした

ホンダは2030年までに世界で少なくとも200万台のバッテリー式電気自動車(BEV)を生産する計画だ。 e:N1はホンダのHR-Vに似ていると言われているが、エンジンは搭載されておらず、価格は150万バーツ以上と予想されている。 。

Honda e:N1 の発売はホンダにとって大きなマイルストーンであり、コンポーネントの現地製造と調達の両方においてタイ市場と自動車産業に対する同社の取り組みを強調しています。

同氏の発表は、温室効果ガス排出削減とエネルギー安全保障の向上を目指す国家戦略の一環としてEVの開発を推進しているタイ政府に歓迎された。 政府はEVメーカーや消費者に対し、税制上の優遇措置や低利融資、補助金などさまざまな優遇措置を講じている。 エネルギー省によると、タイは2036年までに120万台のEVを走行させ、自動車総販売台数の30%を占めることを目指している。

READ  日本のG7サミットメニュー:牛肉、牡蠣、ウニなど世界の首脳の皿に山盛り