7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フランスは他に例のない選挙に直面している。 これがどのように進み、次に何が起こるかです

フランスは他に例のない選挙に直面している。 これがどのように進み、次に何が起こるかです

パリ(AP通信)―フランスの有権者は日曜、政治史上の特別な瞬間、つまり第1回選挙に投票に呼び出される。 早期の議会選挙 これにより、第二次世界大戦でのナチスの占領以来、同国初の極右政権が樹立されるか、あるいは過半数がまったく誕生しない可能性がある。

7 月 7 日の第 2 回投票と性急な選挙活動を経て、投票結果は依然として非常に不確実であり、3 つの主要な政治ブロックが競い合っています。 極右の国民集会、 社長 エマニュエル・マクロン センターアライアンスと 新しい人民戦線連合 これには中道左派勢力、緑の党、極左勢力が含まれる。

ここで詳しく見てみましょう:

使い方?

フランスの制度は複雑で、政党に対する国民の支持には不釣り合いです。 議員は選挙区ごとに選出されます。 議会の候補者が日曜日に直接選出されるには、投票の50%以上が必要である。

それが失敗した場合、上位 2 人の候補者と、登録有権者の 12.5% 以上の支持を受けた他の候補者が第 2 ラウンドに進みます。

場合によっては、3人か4人が決選投票に進出するが、他の競合者の可能性を高めるために辞任する人もいるかもしれない。これは極右候補者をブロックするために過去によく使われた戦術である。

主要政党の指導者らは両ラウンドの間の期間に戦略を明らかにするとみられる。 このため、第2ラウンドの結果は政治的駆け引きと有権者の反応次第で非常に不確実なものとなっている。

50か国以上が2024年の投票に向かう

選挙前のすべての世論調査でリードしている極右政党「国民集会」は、絶対多数、つまり577議席中少なくとも289議席を獲得したいと考えている。

国民議会、つまり下院は、フランスの二院のうち、より強力な権限を持っています。 保守派が多数を占める上院と比較して、同党は立法過程で最終決定権を持っている。

マクロン氏、大統領の任期は2027年までと発言 彼は最後まで辞任しないだろう 彼の使命から。

同棲とは何ですか?

マクロン氏が率いる中道連合以外の政治勢力が過半数を獲得した場合、マクロン氏は新たな過半数に属する首相を任命せざるを得なくなる。

このような状況(フランスでは「共存」と呼ばれる)では、政府は大統領の計画と矛盾する政策を実施することになる。

現代のフランス共和国では3件の同棲事例があり、最後は1997年から2002年まで保守党のジャック・シラク大統領と社会党のリオネル・ジョスパン首相の時代にあった。

首相は議会に対して説明責任を負い、政府を率いて法案を提出します。

「共存の場合、実施される政策は基本的に首相の政策である」と政治史家のジャン・ガリグ氏は言う。

大統領は共存下で国内では弱体化しているが、国際条約の交渉と批准に責任を負っているため、外交政策、欧州情勢、防衛に関しては依然として一定の権限を持っている。 大統領は国軍の最高司令官でもあり、核コードの担い手でもある。

ガリゲス氏は「大統領には政府の政令や政令に署名するかしないかの権限があるため、首相のプロジェクトの一定数の実施を一時的に阻止したり中止したりすることは可能だ」と付け加えた。

同氏は、「首相にはこれらの規制や政令を国会に提出して採決を求める権限があり、それによって大統領の躊躇を克服できる」と指摘した。

国防と外交政策を主導するのは誰ですか?

これまでの共存時代には、国防政策と外交政策は大統領の非公式な「留保領域」とみなされ、通常はフランスが海外で一つの声を上げられるよう首相と妥協点を見つけることができた。

しかし今日、これらの分野における極右連合と左派連合の見解はマクロン氏のアプローチとは根本的に異なっており、またそうなる可能性が高い。 潜在的な性交中の緊張の話題

ガリグス氏は、憲法によれば「大統領は軍の長であるが、軍を所有するのは首相である」と述べた。

ガリグス氏は「外交分野でも大統領の行動範囲は大幅に制限されている」と付け加えた。

国民結集党のジョーダン・バルデラ党首は、もし首相になったらそうするだろうと語った。 彼らはフランス軍のウクライナへの派兵に反対している –マクロン氏はこの可能性を排除しなかった。 バルデラ氏はまた、ロシア国内の目標を攻撃できる長距離ミサイルやその他の兵器のフランスへの引き渡しを拒否すると述べた。

左派連合が選挙に勝てば、中東におけるフランスの外交努力に混乱が生じる可能性がある。

新人民戦線の綱領は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相政府に対する「パレスチナ国家の即時承認」と「フランス政府の罪深い支持との決別」を計画している。

マクロン氏は以前にも主張していた パレスチナ国家は認められるべきだ 「有益な瞬間」に、イスラエルとハマスの戦争が現時点でそのような措置を許さないことを示している。

過半数がいない場合はどうなりますか?

大統領は国会で最大議席を持つ会派から首相を指名することができ、マクロン氏の中道連立政権は2022年からこれが当てはまっている。

しかし、他の政党が結党すれば極右政府が間もなく不信任投票によって打倒される可能性があることを意味するため、国民集会はすでにそのような選択肢を拒否すると表明している。

大統領は左派から右派まで幅広い連合を築こうとするかもしれないが、政治的な違いを考えるとその可能性は低いと思われる。

専門家らは、もう一つの複雑な選択肢は、政党に属さないが国会の過半数の承認を必要とする「専門家政府」を任命することかもしれないと述べている。 このような政府は、大規模な改革を実行するよりも、主に日常業務に対処する可能性が高い。

ガリグス氏は、夏休みと7月26日から8月11日までパリで開催されるオリンピックのさなかに政治交渉が長引けば、マクロン中道派政権が引き続き「時事問題を担当することになるため、移行期間」が生じる可能性も排除されないと述べた。 」でさらなる決定を待っています。

パリの科学院で教鞭をとっている公法の専門家メロディー・モック=グルート氏は書面で次のように述べている。 「この実験的演習に直面しても、組織は見かけよりもしっかりしている。」

しかし、この方程式にはまだ別の未知の要素がある、それは状況を受け入れる人口の能力である、とモック・グロートは書いている。

READ  ドンバスの戦いが「恐ろしいクライマックス」に達すると、ウクライナはEU加盟に向けて暫定的な一歩を踏み出します