6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フットボール・ファーンズはスペインで日本に敗れた後、チャンスを作るのに苦戦している

フットボール・ファーンズはスペインで日本に敗れた後、チャンスを作るのに苦戦している

ニュージーランドの7試合無敗記録は、スペインで行われた女子国際親善試合で日本に0-2で敗れてストップした。

FIFA女子ワールドカップ準々決勝に進出した日本は、スペインのエスタディオ・エンリケ・ロカ・デ・ムルシアでの試合で14本のシュートを記録し、常に最も危険なチームだった。

フットボール・ファーンズはシュートを記録することなく試合を終えた。

前半のほとんどの間、両チームは侵入したりリスクを冒したりすることなく、ピッチ内でボールをパスすることに満足していた。

しかし、休憩時間の両側でゴールが決まり、試合は決まった。

最初の一撃は日本が前半アディショナルタイムに右サイドを突破し、2パスの動きで田中美奈が12メートルの距離からゴールキーパーのアンナ・レイトを抜くクリアなシュートを放った。

メイン写真:先制ゴールを決めた後、チームメイトから祝福される田中美奈(中央)。

2点目は後半開始早々、北川ひかるのインスイングのコーナーキックをフリーの古賀東光がファーポストの向こうで合わせた。

彼女は自分のトピックを投稿からウェブにプッシュしました。

古賀東光選手(20)が頭でゴールにボールを流し込み、日本の2点目を決めた。

64分と66分、リーズは2点差を防いだ。

数分後、ニュージーランドはこの試合最大のチャンスを作り出した。

途中出場のハンナ・ウィルキンソン、ケイティ・キッチング、アリー・グリーンが左サイドで連携し、グリーンが絶妙な重さのクロスを日本の途中出場ゴールキーパー、大場周の頭上を越えた。

しかし、ガビ・レニーはボールをネットに入れることができず、チャンスは消え去った。

75分、ファーンズのDFケイティ・ボーウェンが決定的なタックルを決め、これが日本の3点目となるはずだった。

コーナーキックから浜野美香が無敵のヘディングシュートを打ったが、それは直接ライデの手中に飛んで無駄になった。

終盤、ボーエンは4分も経たないうちに2度のひどい衝撃を受けて意識を失い、医療スタッフとチームメイトに心配を与えた。

延長戦では、キコ・チークの強烈なシュートをライデが素晴らしいセーブで防いだ。

スペクタクルとしては、試合はストップ・スタートの展開で、多数の選手交代や通常の2分間のドリンク休憩は役に立たなかった。

両チームは火曜日(NZT)に同じ会場で再び対戦する。

競争統計

前半

ニュージーランド / 日本

再生回数: 0/5
枠内シュート数: 0/2
所有権: 53% / 47%
パス: 257 / 238
パス精度: 78% / 85%
ファウル: 6/4
イエローカード: 0/0
レッドカード: 0/0
オフサイド: 0/1
コーナー: 1/4

ゲーム全体

ニュージーランド / 日本

再生回数: 0/14
枠内シュート数: 0/9
所有権: 50% / 50%
パス: 449 / 444
パス精度: 79% / 84%
障害: 9/10
イエローカード: 0/1
レッドカード: 0/0
オフサイド: 0/2
コーナー: 2/8

結果として

2024年6月1日土曜日に試合が行われました

ニュージーランド 0
日本2 (田中美奈45+2分、古賀東子47分)

ニュージーランドの開幕メンバー。

ニュージーランド

アンナ・リート、CJポット、マリア・スタインメッツ(デイジー・クレバリー73分)、アリ・ライリー(キャプテン)(グレース・ネビル46分)、レベッカ・ストット、ケイティ・ボーウェン、ジャッキー・ハンド(カビ・レニー58分)、グレース・ジェイル(粘土84分)、インディア-ペイジ・ライリー(ハンナ・ウィルキンソン46分)、ミカエラ・フォスター(アリー・グリーン58分)、ケイティ・キッチング(ケイト・テイラー84分)。

サブは使用されなかった:ビクトリア・エッセン、マーフィー・シーフ、クラウディア・パンク、マイケイラ・ムーア、マッケンジー・バリー。

暫定ヘッドコーチ: マイケル・メイン

カード

黄色: 59′ のピッチ。

日本の先発メンバー。

日本

平尾知佳(大場秀 46分)、田中美南(千葉れみな 78分)、清家希子、守屋雅(浜野舞香。46分)、北川ひかる、林ほのか、南萌香(高橋花 61分)、永野長谷川風花 73分’)、宮澤ひなた(結城リコ、61’)、ライアン・イシカワ、古賀塔子。

サブ未使用:山下彩加、清水理沙、熊谷沙紀、谷川桃子、藤野青葉。

コーチ:池田太

カード

いいえ。

役員

主審:ジェイソン・バルセロ(ジブラルタル)
アシスト:マイケル・マシアス(ジブラルタル)、ダニエル・ゴメス(ジブラルタル)

フィッティング

試合は2024年6月4日火曜日(NZT)に開催されます。

ニュージーランド対日本
エスタディオ ヌエバ コンドミナ、ムルシア、スペイン、午前 2 時 (NZT))

その他のフットボールの話

READ  TSMC、日本で3番目のチップ製造工場を計画