7月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フェルスタッペンはラスベガスの華やかなF1開会式で「ピエロ」のような気分だった

フェルスタッペンはラスベガスの華やかなF1開会式で「ピエロ」のような気分だった

このイベントでは、ドローンの展示や音楽演奏に加え、ピットエリアの巨大なボックスからドライバーが登場し、観衆に紹介されるセクションが含まれていました。

フェルスタッペンは、F1監督ステファノ・ドメニカリが全ドライバーに出席を呼びかけたウィン・ホテル複合施設でのVIPイベントにも欠席することを選択したが、まだラスベガスでの経験を楽しんでいないことを明らかにした。

式典について尋ねられたレッドブルのドライバーは、「私としては、皆さんはこれらのことを省略しても構いません」と語った。 「それは歌手についてではなく、ピエロのようにそこに立っていることについてです。」

ラスベガスの週末はどれくらいがショーなのかとの質問に、彼は「99%はショー、1%はスポーツイベント」と答えた。

「正直に言うと、あまり感情はありません。私は常に物事のパフォーマンス面に集中したいのです。」と3度の世界チャンピオンは続けた。

「とにかく、私はそれを取り巻くすべてのことが好きではありません。もちろん、いくつかの場所ではそれがその一部であることは知っていますが、それは私の最善の利益ではないとだけ言っておきます。」

その結果、フェルスタッペンはこのイベントを楽しみにしていないことを示唆した。このイベントは、1982年のシーザーズ・パレス・グランプリ以来、ラスベガスで新たな都心のストリート・サーキットで開催されることになる。

「いえ、頑張るのは楽しみですが、それは楽しみではありません」 [the show]、” 彼は言った。

フェルスタッペンは、リバティ・メディアがラスベガスでインパクトを与えることに熱心であり、露出要素を最大化したいという同社の願望を「完全に理解している」と認めた。

「ビジネス面とスポーツ面という二つの側面から見ることができるので、もちろん彼らの側面も理解していますが、私は物事のパフォーマンス面について自分の意見を述べているだけです」と彼は語った。

「私たちは利害関係者ではありません [shareholders]それで、私たちはそれに従うだけです。 つまり、彼らが何をするかを決めるのですよね?

「もし私がオーナーだったら、同じことをするだろう。ドライバーの言うことは聞かないだろう。これは私のスポーツだ。そうであれば、私は自分のやりたいようにやればいい。」

写真:サイモン・ギャロウェイ / モータースポーツの写真

マックス・フェルスタッペン、レッドブル・レーシング セルジオ・ペレス、レッドブル・レーシング

自分の意見を表明することが変化をもたらすと思うかとの質問に対し、同氏はその提案を軽視した。

「大きな変化をもたらすことが私の目標でもありません」と彼は語った。 「しかし、あなたが私に質問して、私がそれに答えたいと思ったら、私は正直に答えます。」

さらに、「もし誰かが本当にその方向に進みたいと思っているなら、その種の番組に関連したもっと多くの番組を望んでいるなら、我々はそれに対処しなければならないと思う。

「でももちろん、すべてがうまくいっている限り、彼らはすべてがうまくいっているとも言える。でも、そうだね、ファンもこれをどれだけ長く気に入ってくれるのか見てみましょう。」

「私は運転しなければならないところを運転しているだけです。つまり、あなたは物事について自分の意見を言うことができます。残りの人は週末を休んで、次の週に進んでください。」

F1とリバティに対する自分の意見の重要性を迫られたフェルスタッペンは、潜在的な影響を軽視した。

「そうですね、分かりません。つまり、私が好むと好まざるにかかわらず、彼らはまだお金を稼いでいると思います。だからそれは私次第ではありません」と彼は言いました。

「しかし、ご存知のとおり、私はそれを偽るつもりはありません、私は常に肯定的なことについても否定的なことについても自分の意見を表明してきました。

「そして、それが私です。そして、この番組がもう少し好きな人もいます。」

「私はそれがまったく好きではありません。私は物事のパフォーマンス面を見て育っただけで、私もそう考えています。だから私にとって、ラスベガスにいるのは好きですが、レースはあまり好きではありません。」

フェルスタッペンはまた、ラスベガス・サーキットの設計の大ファンではないことも明らかにした。

「はい、あまり面白くありません」と彼はmotorsport.comの質問に答えた。 「正直に言うと、出番はあまり多くありません。

「分からない。つまり、それはおそらく彼のグリップ力にもよるだろう。彼にはあまりコントロールがないようだが、そうだね、流れに乗るだけだ」

「エキサイティングなことだとは思わない、それが唯一のことだ。

「しかし、特にこれらの新しい車の場合、ストリートサーキットがあまりエキサイティングではないのは私にとって普通のことです。

「重すぎます。特にグリップが低い場合は役に立ちません。」

「もちろん、セクター全体を運転するのは素晴らしいことですが、デザイン自体が最もエキサイティングなものではないと思います。

「F1カーは高速コーナーが多いほうが楽しい。」

こちらもお読みください:
READ  ラマー・ジャクソン、AFCチャンピオンシップ敗退について「失望しているわけではない、怒っている」