5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ファンがカミラ・カルドーソとの組み合わせを話題にする中、エンジェル・リースが2024年のWNBAドラフトでスカイから全体7位に指名される

ファンがカミラ・カルドーソとの組み合わせを話題にする中、エンジェル・リースが2024年のWNBAドラフトでスカイから全体7位に指名される

シカゴへようこそ、エンジェル・リース。

スカイ紙は元LSUのスター選手を月曜夜のWNBAドラフトで全体7位指名し、全体3位指名のカミラ・カルドーソとともに傑出したフォワードをミックスに加えた。

シカゴのフロントコートは今後も悪化するだろうし、月曜日にはファンと評論家を興奮させた。

21歳のリースは大学生活でメリーランド大学で2シーズン、LSUで2シーズンを過ごし、1試合平均18.6得点、12.3リバウンド、1.9アシスト、1.6スティールを記録し、フィールドゴール成功率は49.8パーセントだったが、3成功率はわずか15.6パーセントだった。

彼女のフロアの間隔と、WNBAレベルで一貫してオフェンスを生み出す能力については懸念があるが、彼女のディフェンスとボードをクラッシュさせる能力は、彼女をチーム内で即座に影響力を与えるだろう。

彼女はまた、過去 2 シーズンで全国優勝とエリート 8 への出場権を獲得し、勝率を次のレベルに引き上げました。

過去数年ではリースが上位にいたかもしれないが、今年のドラフトクラスのトップには、スタンフォード大学のキャメロン・ブリンク、サウスカロライナ大学のカルドーソ、テネシー大学のレキア・ジャクソン、大学大学のアリーヤ・エドワーズなど、多くの印象的な選手やフォワードが名を連ねている。 予想通り、ドラフトでは4人とも合格した。

インディアナ・フィーバーは常にアイオワ州立大学の新星ケイトリン・クラークと対戦することが保証されていたため、このことにより、1位の後にボードがどう転落するかについて若干の不確実性が生じた。

しかし、リースが7番に就くことができたため、シカゴは猛攻を仕掛けた。 そして今、カルドーソとレイエスは空の未来です。

READ  代理人、デイミアン・リラードのインスタライブはウィル・スミスのマイアミの曲と「単なる偶然」だと語る