10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ビヨンド・ミートがUSMHとの独占契約により日本に進出

Beyond Meat は、日本最大の食料品店持株会社との新たなパートナーシップを通じて日本に参入します。 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH).

新しい合意は金曜日に東京で発表された スマートキッチンサミットジャパンこれは、USMHが日本におけるBeyond Meatブランド製品の独占販売権と、日本市場向けに開発された新製品にBeyond Meatを使用する能力を有する流通および製品開発契約です。

パートナーシップの下で共同開発された製品は、USMH の Green Growers ブランドで販売されます。このブランドは、同社の垂直農場「植物工場」を通じて栽培されたレタスを販売するために食料品チェーンによって最初に立ち上げられました。 テラベース. これらの製品には、Beyond の牛ひき肉、植物由来の牛ひき肉が含まれ、「Beyond ドリブン」スタイルのブランディング アプローチと同様の製品に Beyond ブランディングが含まれています。 Green Grover ブランドで開発された製品は、日本の消費者の特定の形や好みに合わせて調整されます。

USMH と Beyond の共同開発パートナーシップは、「Akiba-Runway」と呼ばれる USMH の新しいオープン イノベーション イニシアチブを通じて行われます。 USMH は、今年 3 月に AKIBA-Runway を立ち上げました。これは、他の企業と協力して、その技術を使用して顧客向けの新製品を開発する方法です。

さらに、USMH との契約は、同社が日本市場に参入する 2 度目の試みです。 同社の最初のベンチャーは、2016年にビヨンドに投資した投資家の三井物産との合弁事業でした。 しかし、両社とも 宣言された 2018年に日本に参入する計画は棚上げされました。

しかし、今回の USMH により、植物由来の食肉会社は、日本の消費者の嗜好や嗜好を熟知した強力な食料品チェーンと並んで市場に参入します。 USMH は、マックスバリュ、マルエツ、カスミの各店舗を通じて、日本国内に 500 を超える小売店を展開しており、日本全国に幅広く展開しています。

USMH社長兼CEOへ 藤田 基博、新しい契約は、彼が前回日本で開催された2019スマートキッチンサミットで話したときに話したことを垣間見ることができます. イベント(SKSジャパンはThe SpoonとSigmaXYZと提携)で、藤田は彼がどのようにしたいかについて話しました. 日本の食料品店は、イノベーションを通じて市場を混乱させています。 藤田氏は The Spoon に、AKIBA-Runway が提供する取引とイノベーションは、2019 年夏のステージで彼が概説したビジョンの結果であると語った.

READ  「Xturismo」:ホバーバイクは発売前に日本で発売されました