7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

パウエルFRB議長は今後も緩やかな利上げが続くとの見通しを示した

パウエルFRB議長は今後も緩やかな利上げが続くとの見通しを示した

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・H・パウエル議長は木曜日、中央銀行当局者が11回の政策会合で初めて6月の利上げを見送ったことを受けて、利上げペースは今後も鈍化すると予想していると述べたが、当局者が可能性があるとは判断していないと述べた。政策スタンスへの復帰、連続的な値動き。

パウエル氏は「おそらく会議には移らず、その後会議に移るだろう」と語った。

同氏はマドリードでの会議で講演し、相次ぐ会合で将来の物価上昇を「検討の外」にしないと前日に表明した確約を繰り返した。 しかし同氏は、より忍耐強いアプローチが継続されることを期待しているとも付け加えた。

「私たちが動かなかった会議が一度だけあったので、ある意味、これはペースを緩めることになる」と彼は説明した。 「したがって、経済が予想通りに発展すると仮定すると、同様の状況が続くと予想します。」

ただパウエル氏は、経済は政策当局者の予想とは「異なる動きをする傾向がある」と指摘した。

FRB当局者は2022年に速やかに利上げを実施し、その結果、連続して4分の3ポイントの利上げが行われた。 昨年末には速度が半分まで減速し、徐々に小規模で、今はより途切れ途切れの修正に向かって進んでいます。

金利の引き上げは経済成長にブレーキをかけるようなもので、インフレを下げるために消費者と企業の需要を鈍化させます。 漸進的なリフト率は、より少ない力でブレーキ ペダルを踏むのに似ています。 FRB当局者らは依然景気を減速させているが、不当な逆説的な一時停止を避けようとしている。

現時点では、中央銀行当局は2023年にさらに2倍、5%強から5.5%強に利上げすると予想している。 こうした動きが各会合のペースで行われれば、7月と11月の中銀会合で利上げが行われる可能性がある。

しかし、その期待を取り巻く大きな不確実性。 投資家は、年末までにさらに 2 回の値上げを実施する可能性は高いとはいえ低いと設定しています。 彼らは、景気が減速しインフレが沈静化するため、FRBが2023年に利上げを1回だけ行う可能性が高いと予想している。

パウエル議長は、FRBは物価が緩やかに上昇する速度を過大評価し、繰り返し逆の過ちを犯してきたと指摘した。

同氏は「われわれは皆、インフレが予想よりも持続的かつ強力であるように見えることを何度も見てきた」と述べた。

同氏は後に「パンデミック以前に金利を5%とするのは合理的ではなかった」と付け加えた。 「ここでの問題は、これが十分に厳格なポリシーなのかということです。」

READ  ジェンセン・フアン氏: Nvidia CEO がテイラー・スウィフトのテクノロジーを称賛