5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ノリスが日本でマクラーレンが「良すぎる」と考える理由

ノリスが日本でマクラーレンが「良すぎる」と考える理由

ランド・ノリスは、マクラーレンの予選とレースペースの差に耐えながら、日本では「かなり調子が良い」ように見えたと語った。

ノリスは土曜日の鈴鹿でレッドブル以外のドライバーとしては最速のドライバーとなり、グランプリのスタート時には3位でフィニッシュした。

フェラーリは難しい予選セッションの後、レース結果を取り戻すことを余儀なくされたが、レース中にノリスを飛び越えることに成功し、マクラーレンのドライバーは5位でラインを通過した。

ノリスはフェラーリのレースペースには驚かなかったと語った。

「正直に言うことが期待されていた」とノリス氏はメディアを含めて語った 競馬ニュース365

「フェラーリのレースペースが信じられないほどだったとは思わない。レッドブルが思っていたほど良くなかったと思う」

「スパイラルのようなもので、我々は負け戦を戦っている。まだ悪い日はなかったが、我々が今いるところは、最後にはフェラーリの後ろに着くと予想している」

「これが我々が一年中そうだったものだから、何も変わらないはずだ、何も変わらない。

“私は思う [during qualifying]、私たちは優れていました。 力強いラップを何本か走らせて、少しは良く見えたかもしれない。 もう少し現実に戻りました [during the race]。」

誤った信念

ノリスは、マクラーレンが好成績を収めた後、グランプリに向けて「誤った自信」の罠に陥ったことを認めた。

「ほんの10秒遅れだったので、とても気分が悪かった」 [Sainz in third]私たちは良い仕事をしたと思う」と彼は言った。

「そして30時だった [seconds] そして勝ったのですが、気分は悪くても、私の目から見るほど悪くはありませんでした。

「タイヤの摩耗は大きかったので、もっと多くのことを期待していましたが、それは誤った期待だったのかもしれません。D

「だから、ちょっと難しいと思うんです。もしもう一度スタートできたとしたら、5番手で満足できたと思います。

READ  日本語とクロアチア語のリンクは、日本の日常の物語の一部です