4月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ネパール人が27回登頂でエベレスト記録を樹立、英国人が外国人登頂最多記録を達成

ネパール人が27回登頂でエベレスト記録を樹立、英国人が外国人登頂最多記録を達成

カトマンズ(ロイター) – ネパール人シェルパが水曜日、記録破りの27回目のエベレスト登頂を果たし、自身の記録を超えたと政府当局者と登山会社が発表した。

53歳のカミ・リタ・シェルパさんは、外国人登山者のガイドとして、伝統的な南東尾根ルートに沿って早朝に標高8,849メートル(29,032フィート)の山に登った。

「はい、彼はカミ・リタ・サガルマータ山に27回目の登山をしました」と観光省職員のビジャン・コイララ氏は、この山をネパール語の名前で呼びながら語った。

これとは別に、ヒマラヤガイドのエシュワリ・パウデル氏は、英国人登山家ケントン・コールさん(49)が水曜日、外国人登山家としては最大となる17回目の登頂を果たしたと語った。 「コールは自分の顧客を運転したため、今は落ち込んでいる」とボデル氏は語った。

カミ・リタが勤めるセブン・サミット・トレックスのゼネラルマネージャー、タニズワル・ジュラジャイ氏は、この外国人登山者とともに午前8時30分(日本時間午後2時45分)に頂上に到着したと語った。

「私たちは詳細を把握しようとしているところです。現時点では、カミ・リタが27回目にステップアップしたことは100%確認されています」とジュラガイ氏は語った。

自分のことをファーストネームで呼ぶカミ・リタさんは、1994年にエベレストに初登頂し、それ以来、さまざまな理由で登山が中止された2014年、2015年、2020年を除き、ほぼ毎年登っている。

米国に本拠を置くマディソン・マウンテニアリング社のギャレット・マディソン氏は、エベレスト山に12回登頂しており、そのうち5回はカミ・リタとともに登頂したと述べ、彼を「非常に強い登山家」と評した。

「地元の登山家がエベレストの限界を押し広げ続けているのを見るのは、とても励みになる」とマディソンさんは、13度目の登頂に備えているエベレストベースキャンプから電話でロイターに語った。

カミ・リタさんは声明で、自分は登山に人生を捧げ、世界最高峰の代名詞となっていると述べた。

シェルパは登山スキルで有名で、その多くは外国人の顧客をエベレストやその他の山々に案内して生計を立てています。

5 月はエベレスト登頂に最適な時期で、南からモンスーンが到来する前に晴天が続き、山頂には雲と雪が降り、低地には雨が降ります。

今年、ネパールはエベレスト登山許可証を478件発行し、これまでの2021年の許可証数は408件と比較して過去最多となった。

ヒマラヤの国は外貨獲得を登山、トレッキング、観光業に大きく依存しているが、あまりにも多くの登山者(その多くは経験が浅い)がエベレスト登頂を試みることを許可しすぎているとして批判されている。

特に山頂直下のヒラリーステップと呼ばれるボトルネックでは、深刻な過密状態が発生する可能性があります。 2019年、エベレストでは登山者の列が重なり、疲れ果てた9人が死亡した。

エベレストは 1953 年に初めて登られて以来、ネパール側、チベット側合わせて 11,000 回以上登られており、多くの人が何度も登っています。

ハイキング関係者らは、この山で320人以上が死亡したと発表した。

(Gopal Sharma によるレポート)。 ロバート・パーセル編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  致命的な地震がトルコとシリアを襲い、パニックを引き起こす | トルコとシリアの地震ニュース