1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドローンテストは日本のセブン-イレブンで行われます

コンビニ セブン-イレブン 東京でドローンを使用したロジスティクスサービスのビジネスモデルを開発する東京の計画の一環として、ドローンライフは日本の福岡の能古島でドローンによる20分の配達をテストしています。

全日本空輸とエアージャパンの背後にある日本の主要な航空連盟およびチームであるANAホールディングスは、パイロットプロジェクトを監督しています。 テストの目的は、郊外でのドローンの配達が安全で実用的であることを示すことであり、比較的人口の多い地域へのフライトと配達が含まれます。

セブン-イレブンのドローン配達は、視線(BVLOS)を超えて飛行する能力を備えた、本格的なレベル4ドローン運用(人口密集地域の無人航空機)に到達することが期待されています。 日本政府は今年、時折レベル4の運用の禁止を解除する予定です。

参照: 配達の闘争の真っ只中で、ドローンはオンデマンドの食品の未来かもしれません

東京・西多摩郡のヒノドにあるセブン-イレブンでは、ヒノド奥野店にドローンの離着陸プラットフォームを設置するテストがすでに実施されています。 4つの異なる配達場所からの顧客がオンラインで注文し、パイロットプログラムに参加しました。

配送計画が完全に機能するようになると、ドローンは既存の店舗の駐車場に運ばれ、セブン-イレブンの乗組員は無人航空機(UAV)に最大5kgの貨物を積み込みます。 ドローンの動作を可能にするシステム全体は、無人航空機システム(UAS)と呼ばれます。

日本USAS産業開発協会(ユダ)2014年以降の日本でのドローン使用の開発を促進およびサポートします。 業界グループには、13,000人のメンバーと250の認定ドローンパイロットスクールがあります。 教育、法律、貿易プログラムを提供し、公的および民間部門との国際協力と企業をマッチングさせます。

続きを読む: ドローンエクスプレスCTO:完全な自律型食料品の流通が進行中です

「現在、能古島には雑貨を売る店がないので、住民は船で市内まで買い物をしなければならない」とJUIDAの報告書は述べている。 記事の翻訳 日本の雑誌Logi-Bizで。 「テストの結果、注文から20分以内に商品を配達できることがわかりました。」

目標は、恒久的なサービスとして、2025年までに日本でセブン-イレブンのドローン配達を開始することです。

日本には21,000を超えるセブン-イレブンの店舗があり、世界でも類を見ない存在です。 テキサスに本社を置くコンビニエンスストアは、米国に約9,500の拠点を持ち、世界中に70,000を超える拠点を持っています。

——————————

新しいPYMNTSデータ: デジタル経済におけるアイデンティティの認識-2021年12月

約:アメリカの消費者の半数以上が、生体認証システムはパスワードやPINよりも高速で、便利で、信頼性が高いと考えています。それでは、なぜ10%未満を使用するのでしょうか。 PYMNTSは、Mitekと協力して、2,200人以上の消費者を調査し、この認識と使用のギャップをより適切に定義し、ビジネスのユーザビリティを向上させる方法を見つけました。

READ  米国は日本のサイトでCOVID-19感染の管理を強化しています