5月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドルは2022年以来の最強週に向けて順調に推移

ドルは2022年以来の最強週に向けて順調に推移

エディターズ ダイジェストを無料で開く

米国の巨大なインフレ統計が世界市場に動揺を引き起こした後、ドルは2022年以来最も強い週間パフォーマンスを記録している。

トレーダーらが連邦準備理事会(FRB)による早期利下げへの賭けを撤回し、米国通貨は月曜以降、6通貨バスケットに対して1.6%上昇し、2022年9月以来最高の週間パフォーマンスを記録した。

金曜日、ユーロとポンドは対ドルでそれぞれ1.0642ドルと1.2447ドルと11月以来の安値水準に下落し、円は34年ぶり安値まで下落した後、153.13円まで回復した。

構成企業が収益のほとんどをドルで引き出しているFTSE 100指数が記録的な終値水準から少し離れたところでその日の取引を終了したため、ポンド安も金曜日の英国株の0.9%上昇に寄与した。

T・ロウ・プライスのシニアポートフォリオマネジャー、クエンティン・フィッツシモンズ氏は「米国も非常に緩和的な財政政策をとっているが、現在は金融引き締め政策を行っており、これがドル高の要因となっている」と述べた。 「現在市場で流行している流行語は差別化です。」

今週の米消費者物価上昇率(3月の予想を上回る3.5%に達したこと)を受け、トレーダーらは連邦準備理事会(FRB)が年内に小幅利下げを行う可能性があるとの見方を強めている。

これは、1 月初めの最大 6 四半期ポイントの利下げ予想と比較します。

欧州中央銀行は木曜日、引き続き6月利下げの軌道に乗っていると示唆した。 ユーロ圏の金利が米国に先駆けて低下するとの期待が高まり、ユーロに対する圧力が高まった。

金曜日午後の時点で、同通貨は週間で1.8%下落し、2022年9月以来最大の週間下落となった。

INGのグローバル市場部門責任者、クリス・ターナー氏は「ECBの良好な混合がユーロを対ドルで押し下げたようだ」と述べた。

センチメントの変化を受けて、米国とドイツ政府の指標となる10年借入コストのスプレッド(差)は2.17%ポイントに上昇し、2019年以来の高水準となった。

同国のインフレ率が金曜日に予想を下回ったと報告されたことを受け、リクスバンクが早ければ5月にも利下げする可能性があるとの憶測も高まった。

ドル高が続けば、自国通貨を傷つけずに物価高を加速させずに金利を引き下げようとする国々にとって、問題が生じる可能性がある。

中東での紛争拡大への懸念が高まる中、金曜日にはブレント原油価格が10月以来初めて1バレル当たり92ドルを突破するなど、原油価格の上昇によって見通しは複雑になっている。

ジュピター・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ジェームズ・ノボトニー氏は「他の中央銀行が自国通貨の大幅な下落を望んでいないことは明らかだ。…つまり、実際にはさらなるインフレをもたらすことになる」と述べた。

市場では、イングランド銀行が2回の利下げ、FRBが1~2回の利下げにとどまるのに対し、ECBは年末までに少なくとも3回の4分の1ポイント利下げを実施するとの見方が出ている。

日本通貨が最も影響を受けたのは米国の金利期待の上昇で、円相場が1990年以来の安値水準に押し上げられ、財務省は介入の可能性に警戒を強めた。

日本の神田正人国際担当副財務大臣は木曜日、記者団に対し、当局は為替レートの過度の変動に対処するために何らかの措置を講じる可能性を排除しないと述べた。

RBCブルーベイ・アセット・マネジメントの最高投資責任者マーク・ダウディング氏は、いかなる介入の影響も費用がかかり一時的なものになるだろうと述べた。

「円は政治によって損なわれている」 [Bank of Japan]「とても便利ですよ」と彼は言いました。 「政策格差が依然として痛ましいほど大きいという理由だけで、円は依然として脆弱なようだ。」

READ  レポート:スイスはエネルギー危機の間、電気自動車の使用を禁止するかもしれません