8月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドミニカは日本代表のメンバーです

リンカーン、ネップ。 (ケルン)-東京オリンピックで3×3バスケットボールをプレーしてから1年後、ネブラスカジュニアのケイシードミナカは来週、シニア代表チームのデビューを果たしました。日本は、FIBAワールドカップアジア予選のペアのためにオーストラリアに向かいます。

ドミニカ、6-2、178ポンドの警備員は、中国(6月30日午前3時30分CT)とオーストラリア(7月1日午前4時30分CT)に対する予選のペアのためにメルボルンに旅行します。 これは、ドミニカが来月開催する2つの代表チームイベントの最初のイベントです。日本は7月13日にインドネシアのジャカルタで開催されるFIBAアジアカップにも出場します。 ドミニカは、日本の2つのサマートーナメントに備えて、5月下旬から日本代表キャンプから来ています。

ネブラスカでの昨シーズン、ドミニカはハスカーとしての彼の最初のシーズンでの11回のスタートを含む30回のゲームをプレイしました。 彼はゲームあたり平均5.7ポイントで、36の3ポインターでチームの3位に終わりましたが、500分近くの作業でわずか10ターンオーバーしました。 ドミニカは、サウスダコタに対してシーズン最高の23ポイントを含む、7つの2桁のゲームを記録しました。 そのゲームでは、彼は3ポイントの範囲からの5から6を含む、フィールドからの8から11のショットを獲得しました。

ドミニカは2017年から日本代表に所属し、U-16とU18チームでプレーし、2020年にB代表に選出されました。 彼の最後の内部出演では、彼は平均19.3ポイントで日本U-18でプレーしました。 2018U18アジア選手権での1試合。

昨年の夏、彼はオリンピックで3×3バスケットボールで母国の日本を代表し、チームがメダルラウンドに到達するのを手伝いました。 トーナメントの最年少プレーヤーであるドミニカスコアリング(6.9 ppg)は、1ポイントシュート(74%)で3位、4位、3ポイントシュート(36%)で7位で終了しました。

Copyright2022KOLN。 全著作権所有。

READ  ロシアの石油:日本がロシアからの石油購入を再開