7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドイツの極右に反対してハンブルクで数万人がデモ

ドイツの極右に反対してハンブルクで数万人がデモ

金曜日、極右に対するデモに参加するために数万人がハンブルクに集まり、主催者らは、人が集まることで安全上の懸念が生じたため、抗議活動は早期に終了したと述べた。

ベルリン—ハンブルクでは金曜日、極右に対するデモのために数万人が集まり、主催者らは、人々の密集が安全上の懸念につながったため、抗議活動は早期に終了したと述べた。

ドイツ第2の都市で開催されたこのイベントは、ここ1週間で拡大した一連の抗議活動の中でこれまでで最大規模とみられる。 これらの出来事は、過激派が最近会合し、ドイツ国籍を持つ者も含む数百万人の移民の国外追放について話し合ったという報告を受けて起きた。

コレクティブメディアは先週、11月に行われたとされる極右会合について報じ、その会合には極端なアイデンティティ運動と極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の関係者らが出席したと伝えた。 アイデンティティ運動の著名なメンバーであるオーストリア国籍のマルティン・セルナー氏は、国外追放に「移民を取り戻す」というビジョンを示した。

火曜日のケルンでのデモを含め、ドイツ全土の都市で行われた一部のデモには、当初の予想よりはるかに多くの参加者が集まった。

ドイツ通信社(DPA)の報道によると、ハンブルクでは金曜午後、警察は湖畔の公園に約5万人が集まったと発表したが、主催者はその数を8万人と推定し、多くの人がその場所に集まることができなかったと述べた。

主催者の一人であるウンターネメール・オーネ・グレンツェン(国境なき起業家団体)のカゼム・アバシ氏は、安全上の懸念を理由に「デモを早期に終わらせなければならない」と述べ、消防隊が群衆を通り抜けることができなかったと述べた。

さらに、「AfDとその右翼ネットワークへのメッセージは、我々が多数派であり、我々が団結し、1945年以来二度目に我々の国と民主主義が破壊されることを許さないと決意しているからこそ強いということだ」と付け加えた。 ナチスドイツの敗北について、ハンブルク市長ペーター・ツェンチャーは群衆に語った。

AfDはこの過激派会合との組織的・財政的つながりはなく、そこで議論された内容には責任がなく、出席したメンバーは純粋に個人的な立場で参加したと主張し、過激派会合から距離を置こうとした。 しかし、AfD指導者の一人は報告書自体を非難しながら、同席していた顧問と決別した。

全国世論調査によると、AfDは現在、主要な中道右派野党連合に次いで第2位で、不人気政府に参加している政党を上回っている。

週末にはドイツの各都市で極右に対するさらなるデモが予定されている。

READ  活動家フィル・アルシノフ氏の判決を受け、ロシア機動隊とデモ参加者が衝突