6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トヨタはチップ問題の沈静化に伴い、利益の10%増と電気自動車の好調な販売を目指す

トヨタはチップ問題の沈静化に伴い、利益の10%増と電気自動車の好調な販売を目指す

  • 通期の営業利益は222億ドルに増加すると予想している
  • 新年度には前年度比11%増の1,010万台の生産を目指す
  • 第 4 四半期の利益は 35% 増加し、予想を上回りました。 年間収益実績
  • 株価は2.5%上昇した後、0.8%上昇して取引を終えた。

[東京(ロイター)] – トヨタ自動車株式会社(7203.T)は水曜日、世界的な不況の中、純粋な電気自動車の販売が5倍に増加し、今年の営業利益は10%増加すると予想していると発表した。 チップ不足によるサプライチェーンの混乱。

この成長計画は、先月就任した新最高経営責任者(CEO)の佐藤幸治氏によって発表され、これまで全電気自動車への取り組みが遅かった同社が、自社の戦略が消費者により多くの選択肢を提供すると主張し、電動化に向けてより積極的に推進する姿勢を示している。

高級ブランドのレクサスを含むバッテリーEVの販売予測という点で世界最大の自動車メーカーは、2024年3月までの今年の操業期間中に世界で20万2,000台に達する見通しで、昨年の3万8,000台から5倍以上増加する。

トヨタは今期の営業利益が3兆0000億円(222億ドル)に増加すると予想しており、アナリストの平均予想3兆0200億円と一致した。

この目標は、3月までの会計年度第4四半期の営業利益が3分の1以上増加して6,269億円となったことを受けて設定されたもので、リフィニティブのデータによると、アナリスト10人の予想平均利益5,534億6,000万円をゆうに上回っている。

トヨタの戦略は、世界最大の自動車市場である中国で圧力にさらされており、比亜迪(BYD)(002594.SZ)などのスマート国内ブランドがバッテリーEVに積極的に取り組んでおり、確立された外国ブランドの優位性が弱まっている。

しかし佐藤氏は、中国におけるバッテリー駆動車の需要は主に市場の新たなニーズを表しており、ハイブリッド車の需要とは別のものであると述べた。

同氏は「われわれは双方で取り組みたい」と述べた。

利益目標は、円安による海外売上高の増加と、材料費高騰の影響を上回った生産量の増加により下支えされました。 円安の影響もあり、今年3月期の売上高は過去最高の37兆1500億円に達した。

決算発表前はほぼ横ばいであったトヨタの株価は決算発表直後に上昇し、2.5%上昇し、その後同値上がりして0.8%で取引を終えた。

EV加速

新たな電気自動車の販売目標は、業界トップのテスラ(TSLA.O)のほんの一部に過ぎないが、トヨタのバッテリー式電気自動車の販売台数は、総販売台数のわずか0.4%から2%近くにまで増加することになる。年。

トヨタは声明で「半導体供給の改善などの要因により、全地域で(総)販売台数が増加し、(車両)生産台数が1010万台になると予想している」と述べた。 これは前年比 11% の生産増加を意味します。

トヨタは、テスラだけでなく中国の新興自動車メーカーに追い越されている電気自動車分野での競争力を高めることを目指して、バッテリー駆動の新型車を10台投入し、2026年までに年間150万台の電気自動車の販売を目指すと発表した。

佐藤氏は、トヨタはさまざまな地域に「適切な」ソリューションを提供する取り組みを加速すると述べ、新モデルは小型商用車から高級車まで多岐にわたり、主に米国と中国に焦点を当てると付け加えた。

同氏は、以前に発表された、BEVファクトリーとして知られる次世代バッテリーEVに焦点を当てる専用ユニットは、車体、エレクトロニクス、ソフトウェアに焦点を当てた3つのプラットフォームで構成されると述べた。

同社は日本に設置していたゼロエミッション車の設計部門「ZEVファクトリー」の廃止を決定した。

トヨタは世界で最も売れている自動車メーカーとしての地位を維持することに成功しているが、子会社ダイハツ工業での安全性試験の問題やグリーン投資家からの圧力の増大など、多くの課題に直面している。

(1ドル=135.0500円)

(ダニエル・ルシンクによる報告) 編集:Kenneth Maxwell

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  トランプズ・トゥルース・ソーシャルの買い手は合併を完了するまでにより多くの時間を得ることができる