5月 22, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

デンマークは人権をめぐる外交ボイコットで北京オリンピックに参加



中国の国旗は、2022年1月14日に中国の北京で開催される2022年冬季オリンピックのロゴの後ろに掲げられています。 ロイター/トーマス・ピーター

コペンハーゲン(ロイター)-デンマークは、開催国の人権問題のため、2022年冬季オリンピックに公式代表団を派遣しない、とジェッペ・コフォット外相は金曜日に語った。

「私たちデンマーク側が中国の人権状況を非常に懸念していることは周知の事実です」とコフォット氏は語った。 「政府は、中国の冬季オリンピックに参加しないことを決定しました。」

この決定は、EU諸国が今週のブレストでの会議で共通の立場に合意できなかった後に行われます。

米国が中国の人権記録をボイコットしたため、オーストラリア、英国、カナダ、日本が力を合わせました。

外務省のスポークスマンは金曜日に、オランダの公式大使館代表団は政府の制限のためにオリンピックにnL1N2TU1UXを送らないと述べた。

中国は権利侵害を否定し、オリンピックの原則の裏切りとしてボイコットを非難している。

(JacobCronhold-Petersonによるレポート; Ken Ferris編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
オリンピック
アジア
ヨーロッパ
デンマーク

READ  東京パラリンピック2021年以前に日本で政府の訴訟を登録する