10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

テニス-大阪はまたプレーするのが「かゆい」と感じている



ファイル写真:テニス-ヤラバレークラシック-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン、2021年2月5日日本の大阪直美ルーマニアのイリーナ-カメリアベグロイター/ローレンエリオット/ファイル写真

(ロイター)-4度のグランドスラムチャンピオンである大坂なおみは、再び「そのかゆみ」をプレーした後、テニスに戻る。

今月初めの全米オープンでの大阪は、レイラ・フェルナンデスの3回目の敗北に続いて、メンタルヘルスに集中するためにゲームから引退すると述べた。

来月インディアンウェルズで開催されたBNPパリバオープンから撤退した元世界ナンバーワンは、5月に全仏オープンを離れて以来、形を争っています。 彼女に。

しかし、23歳の日本のプレーヤーはHBOの「TheShop」で、彼はまだゲームを望んでいて、すでに法廷に戻りたいと言った。

「私はまたプレーすることを知っていたので、おそらくすぐにそのかゆみを感じました」と彼は言いました。

しかし、私が勝つか負けるかは私には関係ありません。

「法廷に戻ってよかった」

世界7位の大阪は、厳しい競争が彼女に影響を及ぼし始めており、彼女は更新するために休憩が必要であると言いました。

「私は試合が大好きで、競争しました。長い試合をしていたら、それは私にとってとても楽しかったです」と彼は言いました。

「それから、私は-最近-私は長い間多くのストレスにさらされていることに気づき始めています。しかし、私は中に入るために休憩が必要でした。」

(バンガロールのSrivastavaSridharによる報告; Peter Rutherfordによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アジア
オーストラリア
東アジア
テニス

READ  東京オリンピック:日本のスーパーフォンは観客を禁止し、「壊れた」チケットに3万ドルを費やします| 世界のニュース