10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

チャット福島? 日本のワイナリーがネガティブなイメージを払拭しようとする | 福島

ワイン ワイナリー 果物や野菜でいっぱいの畑に囲まれた丘の中腹に刻まれた美しい森の中にあります。 最近の午後、そよ風が夏の終わりの暑さを吹き飛ばし、ブドウの木は熟したブドウで重くなりました。 日本のテロワールに関して言えば、これほど美しい場所は想像しがたい。

ワイン製品が受賞 日本 そして海外で、そして – として オブザーバー 確認できます-その冷やしたシャルドネは、湿気の多い夜にその場に出ます. しかし、信じられないほどのマーケティング上の課題に直面しています。ワイン、シードル、カルバドス、リキュールに使用されるすべてのブドウ、リンゴ、アジア梨、桃は地元で栽培されています。 福島.

2011年3月の震災後 福島第一 50 以上の国と地域が、この地域からの商品の輸入を停止しました。これは、四半世紀前のチェルノブイリ以来最悪の原子力事故です。 影響を受けた原子力発電所の近くでは漁業が禁止され、農家は田植えをしないように言われました 動物を安楽死させる. しばらくの間、ブランド福島は、核危機を引き起こした津波によって命と家が流され、運命づけられているように見えました。

10年以上 日本の東北沿岸での 3 つの災害、ワイナリーは、地域が戻ってきている証拠です。 オオセのセールスマネージャーである大河原久野氏は、「私たちは、福島の製品に関する有害な噂と戦い、立ち直ることを決意しました. 「すべてが100%福島です…私たちはそれを私たちの「自家製」のワインと考えています。」

知名度がない場合 日本ワイン生産者の創業 山梨県と長野県の郡山市の近くにあり、福島第一原子力発電所から 40 マイル (40 マイル) の場所にあるこのワイナリーは、三菱商事と地方自治体からの資金提供を受けて 2015 年にオープンして以来、小さいながらも忠実な顧客ベースを獲得してきました。 .

福島県郡山市の大瀬ワイナリーでは、白ワインとロゼワインを生産しています。 写真:ジャスティン・マッカリー/オブザーバー

現在、カベルネ ソーヴィニヨン、シャルドネ、メルローなどのブドウやその他の果物を提供する 15 の果物生産者に供給しています。 福島 原子炉の前で祝われました。 昨年はワイン2万5000本、辛口サイダーと甘口サイダー1万本を販売し、福島県を中心に東京や大阪の顧客にも販売した。 総売上高は、2021 年に 4,000 万円 (£240,000)、今年はほぼ 5,000 万円 (£300,000)、来年は 6,300 万円 (£380,000) に達すると予想されています。

最近のイギリス 残りの制限を削除 福島から輸入された食品について、ソーシャルメディアのユーザーは「暗闇で光る」食品を食べることの危険性について冗談を言った. 実際、福島にはかなりの数があります。 世界で最も厳しい食品安全規制肉や野菜などの一般的な食品に含まれる放射性セシウムの政府が課した上限は、1 キログラムあたり 100 ベクレル、EU では 1,250 Bq/kg、米国では 1,200 Bq/kg です。

日本の外務省によると、近隣の中国と韓国を含む 12 カ国が福島産の生産を禁止または制限しており、インドネシアはこの地域からの輸入を受け入れる最新の国となっている。

原発に最も近い地域の放射線レベルは、震災から 11 年で大幅に低下しましたが、マツタケや季節の山菜など、一部の食品は依然として立ち入り禁止です。 地元の消費者を安心させるために製品をテストするボランティアのグループであるマザーズ放射線研究所の所長である鈴木香織氏は、自分で採った山菜を食べる地元の人々は、全身カウンターを使用したテストでより高い放射線レベルを示していると述べた. 「10年以上経っているから大丈夫だと思っている人もいる」と鈴木氏は述べ、研究所で検査された農産物は一貫して安全基準に合格していると付け加えた.

「私たちはそれらが公式の安全基準を満たしているとは言いません。測定値が何であるかを人々に知らせ、彼ら自身で判断してもらいます。福島の食品が安全であると言い続けるだけでは十分ではありません。消費者に証拠を提示する必要があります。完全に透明であることで、有害な噂に挑戦できます. .

小林知子 大高地区にある彼の旅館は、地元の肉、魚、野菜を提供することに何の問題もありません。 南相馬、原子力発電所の北 12 マイルの町。 「私たちは検査済みの食品しか提供していないので、心配はありません」と彼は言いました。 「私たちは、食べて満足できないものをゲストに提供しません。」

隣人のカリン・タイラさんは、保護観察制度に「完全な自信」があると語った。 「地元の農産物は非常に安全です。なぜなら、畑は除染されており、放射線レベルは当局によって定期的にチェックされているからです」と Tyra は言いました。

「ここのすべての農家は、政府が設定した厳格なガイドラインに従うことに細心の注意を払っています。 そして、彼らは安全に食べられる食品を栽培していることに誇りを持っています。

大河原氏によると、ワイナリーの果物は「一品たりとも」保存状態を失っているが、この地域のイメージの問題はまだ克服されていないことを認めている。 「人々が『フクシマ』という言葉を聞くと、放射能のことしか思い浮かびません。つまり、人々に私たちのワインを買ってもらえるよう説得するには、私たちが非常に優れていなければならないということです。結局のところ、それが私たちの生計なのです」

READ  日本のSESCは、英国のスピード違反のトレーダーに罰金を科します