4月 12, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ソレンセンは日本での「急な学習曲線」に興奮 – SportsCar365

ソレンセンは日本での「急な学習曲線」に興奮 – SportsCar365

写真: ジュリアン・デルフォス/DBPI

アストンマーティンのファクトリードライバー、マルコ・ソレンセンは、D'station RacingでのSUPER GTでは「急な学習曲線」に直面しているが、シリーズカレンダーのほとんどのトラックをゼロから学ばなければならないという課題に興奮していると語った。

チームが3年ぶりにGT300活動に復帰する中、D'Station No. ソレンセンは、777 Aston Martin Vantage GT3 Evo を藤井誠暢と共有します。

これは、先週末カタールで始まった日本チームとのFIA世界耐久選手権キャンペーンに加えて行われる(上の写真)。

ソレンセンは、AWS エンデュランスカップを活用したファナテック GT ワールドチャレンジヨーロッパを含む、すでに多忙な 2024 年のスケジュールに SUPER GT を追加する意向について、新しい環境で自分を試したいと述べました。

「私は日本が大好きなので、日本でレースをするときはいつも1週間早く行き、東京の周りを歩き回って日本を観光します」とデンマーク人ドライバーはスポーツカー365に語った。

「また、プロドライバーとして、できる限り多くのプロレースをやりたいと思うでしょう。彼らは日本にもそれを持っています、そして私は新しい車、新しい車で何ができるかを見るのは興味深いだろうと思いました。」 [Evo] 車。

「昨年のIMSAでは優勝できず少し残念でした」 [GTD] チャンピオンシップ [with Roman de Angelis]、でも今は日本で成功してみます。 私にとって、これは究極のことです。一年を通じて一貫性を保ち、間違いを犯さないようにする必要があるからです。

「もちろん、勝ちたいユニークなレースもいくつかありますが、チャンピオンシップを目指すのは素晴らしいことです。」

ソレンセンはすでに Vantage GT3 Evo に慣れていますが、D'station が使用するダンロップ タイヤに適応するという課題に直面しています。

さらに、富士スピードウェイを除くスケジュール上のすべてのトラックは彼にとって初めてのことだが、33歳の彼は、この知識の欠如が楽しみを増大させるだけだと言う。

「藤さんから聞いたところによると、日本ではより良いタイヤを探しているそうです」 [single] スティントなので、それは興味深いことになるだろう」とソレンセンは語った。 「コースを学ぶ時間はそれほど多くありませんが、レース前には毎回シミュレーターに行ってコースを学ぶようにしています。

「6、7個しか取れないと思う [push] 予選前の各トラックのラップは合計タイムになるため、シーズンを通して非常に急な学習曲線になるでしょう。 でも、私はこういう挑戦が大好きなんです。

「アメリカで1年間、毎回コースを学ばなければならなかったので、少し面倒ではありましたが、突然最速のドライバーではなくなるので、これは最高の挑戦です。

「新しいコースに来ると、窓の外にいるような気分になるのは間違いありません。レースではミスをすることはできません。その感覚全体が本当に興味深いのです。」

ソレンセンは今年後半、ステーションD'での2つのショー、鈴鹿でのSUPER GT第5戦、そしてWECのサーキット・オブ・ジ・アメリカズとバーレーン訪問と同じ週末のもてぎシーズン最終戦の間に2つの激突に直面する。

どのシリーズが優先されるのかとの質問に対し、ソレンセンはWECが自動的に優先順位を付けることはないと示唆し、「それがどのように機能するか見てみる必要があるが、良いことはそれだ」と付け加えた。 [the clashes] シーズン後半にはね。」

D'ステーション・アストンは今週もてぎでの2日間のテストで初の正式発表が予定されており、その後ソレンセンは3月16日と17日に岡山国際サーキットで行われる2つの公式テストに参加する。

元日産GT500ドライバーの田中哲也氏が、ゼネラルディレクターで元野球選手の佐々木主浩氏の下でチーム監督に任命された。

岡山公式テストには40台がエントリー

月曜日、 来週からの検定試験のエントリーリストが公開されました 40台のマシンが参加しますが、フルシーズンのGT300エントリーは2台ではありません。

先月発表されたNo.10 Gainer Nissan Zはまだ明らかにされていない。 25 土屋エンジニアリングのトヨタ GR スープラは、最近の火災で大きな被害を受けた後、再建の最終段階に入っています。 季節

ドライビング面では、AF Corse LMP2のラインナップに加わる予定だったリル・ワドゥがモービル1セブリング12時間レースでの接触によりポノス・レーシングのテストを欠席し、ケイ・コッツォリーノがNo.45のパイロットを務めることになった。 。 フェラーリ 296 GT3 は特別です。

いくつかのGT300チームはテストのために3人目のドライバーを契約する機会を得ており、注目すべき追加選手には日本のF4出身の三井祐介(チーム・アップカレッジ・ホンダ)、奥本俊司(スバルR&Dスポーツ)、荒川凛(トミスポーツ・ニッサン)が含まれる。

JLOC は、EVO2 トリムの No. を使用して、異なる仕様で 2 台のランボルギーニ ウラカン GT3 を引き続き走行します。 88 であり、元の EVO 構成では No. 残り87個。



ジェイミー・クライン Sportscar365 のアジア編集者です。 日本を拠点とするクライン氏は、以前は Motorsport.com と Autosport タイトルの Motorsport Network で働いており、FIA 世界耐久選手権や SUPER GT などのシリーズをカバーしていました。


READ  K-POP ファンは、日本ツアーで 17 個の荷物を持ってきたことにショックを受けました