6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ソフトバンク合弁会社のデータ流出で日韓の非難合戦が勃発

ソフトバンク合弁会社のデータ流出で日韓の非難合戦が勃発

ソフトバンク創業者の孫正義氏が首謀した200億ドルのインターネット企業からの一連のデータ漏洩は、同盟国間の関係を緊張させ、デジタルセキュリティに対する政府の懸念がハイテクグループの国際的な野望をいかに制限する可能性があるかを示した。

日本と韓国の架け橋 Yahoo(もともと韓国人が開発した日本のメッセージングアプリ)は、共同所有者であるソウルに本拠を置くNaverのシステムが安全でないため、ネットワーク侵害に見舞われた。

東京当局者らは、国家的および経済的安全保障を理由に、ネイバーはLINEとヤフージャパンの持ち株会社であるAホールディングスの株式50%を今すぐ売却すべきだと主張している。 しかし、それはもう一方の共同所有者であるソフトバンク株式会社に経営権を握るチャンスを与えることになる。

松本剛樹通信相はインタビューで「税は安全管理における資本構成の影響を考慮する必要がある。目的はあくまで個人情報の保護であり、引き続き韓国側に丁寧に説明していく」と述べた。

Line Yahoo — 孫氏がソフトバンクの Yahoo Japan インターネット サービスである Line チャット アプリと提携して主催したもの — は、サービスの拡大を目指す日本と韓国のテクノロジー企業の間でアジア全土で人気がある。

」[Son] レイン氏はヤフーを通じて世界的なテクノロジープラットフォームを構築することを考えていたが、彼のビジョンは当然、経済安全保障の観点から日本政府がやろうとしていることと衝突するだろう」と東京大学教授で経済安全保障の専門家である鈴木和人氏は述べた。

「これは、日本だけでなく世界的に、データのローカリゼーションやデジタルプラットフォームの規制を議論する際に生じるジレンマです」と同氏は付け加えた。

中国が外国情報収集に利用する可能性を理由にショートビデオアプリ「TikTok」を禁止する米国の動きなど、各国は国家安全保障とデータの問題にますます取り組んでいる。

東京のソフトバンクの投資家は、「LINEについて議論している人は皆、TikTokのことを念頭に置いている」と語った。

同投資家は「日本の経済保護法は中国を念頭に置いていたので、韓国の友人に適用されるのは少々ばかばかしい」と付け加えた。

韓国政府は、この問題を政治化しないように繰り返し警告しており、日本に対し、Aホールディングスの資本構成を変更するために一方的に行動しないよう警告している。 一方、韓国の最大野党である日本は、この圧力を「企業の恐喝」と呼び、「一線を奪うことは経済領土を奪うことだ」と付け加えた。

この論争は先月の両国首脳間の高官級会談にまで飛び火し、数十年にわたる歴史的・領土的論争を経た最近の関係の雪解けに影を落とす恐れがある。 ソウルでの会談で、韓国の尹錫悦大統領と日本の岸田文雄首相は、事件の拡大を防ぐためにより緊密に連携することで合意した。

このサービスは、日本の壊滅的な地震と津波により通信サービスが中断された後の 2011 年に開始されました。 このメッセージング アプリは、プラットフォームの初期開発に Naver のテクノロジーを使用し、主に韓国人の従業員とエンジニアでスタートしました。

2019年にLINEはヤフーと合併し、フェイスブックや楽天などの国内ライバルとの競争を目的とした広範なインターネットグループを創設した。 テック・グループの通信部門ネイバーとソフトバンクはともに持ち株会社の株式の50%を取得した。

この合弁事業は、中国子会社に勤務する技術者がLINEユーザーの個人情報にアクセスできる可能性があることを同社が明らかにしたことを受け、2021年に日本政府の監視の対象となった。 1年後、LINE Yahoo(LY Corp.)は、日本の新しい経済安全保障法案に基づいて「重要インフラ」に指定された。

LYは昨年11月、ネイバーのネットワークに対するサイバー攻撃により、LINEユーザーら約51万人の個人情報が流出したことを認めた。 さらに、今年は5万7000人の元従業員の情報が漏洩した可能性があることも明らかになった。

データ侵害を受けて、日本の総務省は、LYがNaverの技術と資本関係に依存し続けていることが、下請け企業として韓国グループを管理監督する能力に支障をきたしていることを示唆する行政指導を行った。

その見返りとして、LYはより強力なサイバーセキュリティ対策、2つのグループ間のシステムの分離、アウトソーシングの削減を約束した。 LINEの隠遁な韓国人創設者、シン・ジョンコ氏はネイバー出身で、今月下旬にLYグループを離れる。

一方、ソフトバンクは現在の資本構成を見直し、より大規模な株式取得を検討するためネイバーと協議を続けている。

ソフトバンクの宮川淳一最高経営責任者(CEO)は先月、「投資がコストに見合うかどうかを客観的に判断する」と述べた。

ネイバーは企業価値を高めるために決定すると述べたが、韓国大統領府はネイバーが合弁会社の株式を売却する可能性は低いと述べた。

米国の韓国経済研究院の研究員、ヒョン・キム氏は、メッセージアプリは日本だけでなく台湾、タイ、東南アジア市場でも人気があるため、ラインを誰が管理しているかは議論の余地があると述べた。 インドネシア、韓国、日本企業はいずれも存在感を高めたいと考えていた。

「プライバシー、データ保護、データ保管に関する東京の懸念は、既存の権利の枠組みの下で対処できるのに、なぜ権利の問題を提起するのでしょうか?」 とキムさんは言いました。

「データ主権のロジックは、どの国で運用されているどのデジタル プラットフォームにも適用できます」と同氏は付け加えた。 「このため、韓国では韓国のサイトのみを使用するのか、米国では米国のサイトのみを使用するのかという問題が生じます。」

READ  日本株は取引終了時に上昇。 日経 225 は Investing.com により 1.78% 上昇しました。