6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ショーン・ペイトン、マイアミ虐殺でブロンコスに恥をかかせたことに激怒

ショーン・ペイトン、マイアミ虐殺でブロンコスに恥をかかせたことに激怒

デンバー・ブロンコスは日曜、マイアミ・ドルフィンズに70失点を喫したが、これは1966年以降のNFLの試合で最多となった。

ショーン・ペイトンのグループはマイアミ虐殺で完全に当惑していたため、これはタイプミスではない。

最終スコアは70対20でデンバーが50点差で負けた。

ドルフィンズのランニングバック、ラヒーム・モスタートは4タッチダウンを記録した。 ワイドレシーバーのタイリーク・ヒルは157レシーブヤードを獲得し、9回のレシーブで得点を記録した。 デボン・アケインはグラウンド上で200ヤードを超えた。 トゥア・タゴバイロアは300ヤード以上を投げ、タッチダウン4回を記録し、主に3クォーターでプレーした。 ドルフィンズはNFL史上2位となる合計726ヤードを獲得した。

ブロンコスのディフェンスコーディネーターであるバンス・ジョセフは今のところまだ仕事に残っているが、ペイトンがすでに移籍を検討していると考えないわけにはいかない。 サウスビーチではかなりひどいもので、人々が職を失う可能性があるようなパフォーマンスだった。

試合後、ペイトンは言葉を濁さなかった。

「あれは明らかに恥ずかしくて、見るのが辛かった」とペイトンさんは語った。 「『さあ、次の試合に進むよ』と言うのも可能だろうが、我々はこのテープを見なければならない。明日は多くの選手にとって難しい試合になるだろう。コーチである我々にとっても難しいことだ。」

ペイトンは、NFL史上3番目に多くの得点(プレーオフを含む)と2番目に多いヤードを失点した試合の歴史について尋ねられたとき、満足していなかった。

“質問は何ですか?” ペイトンは記者に向かって吠えた。 「質問は何ですか?言い終えました。次の質問です。」

ブロンコスは現在0勝3敗だが、これがどん底でないとしたら、何がどん底なのかを知るのは難しい。 まだ9月になったばかりだが、総合1位でフィニッシュする可能性は十分にあると思われる。 彼らは非常に悪いので、仮にそうなったとしても数試合しか勝てないかもしれない。

次はシカゴへ遠征し、同じく混乱状態にあるベアーズと対戦する。 しかし、デンバーはリーグ最大のゴミ箱火災の可能性があるため、現時点でNFLの他のチームについてそう言うのは難しい。

***

READ  カルビン・フィリップスがマンチェスター・シティに十分ではないと考えられた理由