4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

シェーン・ギリスのSNL独白で番組からの解雇について語る

シェーン・ギリスのSNL独白で番組からの解雇について語る

コメディアンのシェーン・ギリスは、2019年に人種差別的、同性愛嫌悪、女性蔑視的な発言をしたとして出演者を解雇された後、再び『SNL』の司会者に復帰した。

2月24日のエピソード中、ギリスは部屋の中でゾウを避けることはなく、冒頭のモノローグでゾウを撃ったことを簡単に認めた。

「私はここにいます」と彼は言いました。 「皆さんのほとんどは、おそらく私が誰なのか知らないでしょう。実際、私は少し前にこの番組からクビになりました。でも、ご存知のとおり、そんなことは調べないでください。私が誰なのか分からないのなら、 「Google で調べてください。大丈夫です。心配しないでください。」と調べないでください。

ギリスはSNLのキャストに加わることが発表されてからわずか1週間で番組から解雇された。 長年製作総指揮を務めたローン・マイケルズ氏に代わって声明が発表され、この状況について次のように述べている。 「私たちは、過去数日間に表面化した彼の以前の発言を承知しています。彼が使用した言葉は攻撃的で、人を傷つけ、容認できません。私たちはこれらのクリップをもっと早く見なかったことを後悔しています。そして私たちの審査プロセスが基準を満たしていなかったということです。」

ギリスもソーシャルメディアで自身の解雇について「コメディアンが公の場で深刻な発言をするのはばかげているが、ここにある。私はコメディアンで、彼はSNLに出演するほど面白い人だった。それを取り上げることはできなかった。もちろん私はそうしている」とコメントした。 「SNLで自分の実力を証明する機会を得たかったが、気が散りすぎることは理解している。彼らの決断を尊重する。機会を与えてくれて正直に感謝している。私はずっとテレビ好きだった」 [sic] とにかく男です。」

2019年に解雇されて以来、ギリスは人気ポッドキャスト「マットとシェーンの秘密ポッドキャスト」の共同司会者を務め、Netflixでは2023年に公開される「シェーン・ギリス:美しい犬たち」というタイトルのコメディ特番を制作した。

以下のギリスの冒頭のモノローグ全文をご覧ください。

YouTube ステッカー
READ  オスカーリストの要件は「吐き気を催させる」 - The Hollywood Reporter