5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

サウジアラビアカップのランナーが日本と米国からリヤドに到着

サウジアラビアカップのランナーが日本と米国からリヤドに到着

午後 4 時 59 分 |
また: 見出し

更新日: 2024 年 2 月 15 日午後 5 時

による

来週土曜のサウジカップ大会に向けてリヤドへ向かう日本代表選手団を乗せた飛行機はキング・ハーリド国際空港に着陸し、2000万ドルのG1サウジカップに参加するために国内にいた4人はそれぞれ順調に飛行できたようだ。

日本のチャンピオンダートホースは、昨年2月にバンダラッサ(jpn)(ロードカナロア{jpn})に見事な全勝勝利を収めた後、世界で最も豊かな競馬で連勝記録を再現しようとしている。 レモンポップ (レモンドロップキット); G1ドバイワールドカップ優勝者 ウシュバ・テゾーロ (JPN) (オルフェーヴル {日本}); ダーマ ソトカグ (JPN) (マインド ユア ビスケット)、昨年の G2 UAE ダービーのヒーローおよび準優勝馬 ホワイトアパリオ GIブリーダーズカップクラシック(レースデー)。 およびMGSW/MG1SP メイショウハリオ (JPN) (パイロ)。

レモンポップは出走14戦の6歳馬としては軽快なレースぶりで、昨年のG1フェブラリーSを制し、G1ドバイゴールデンシャヒーンで初めて海外遠征に臨んだ。 シベリウスに次ぐ10位(今回ではない)、チェスナットは旅行で順調に進み、昨年12月に9ハロン以上の初挑戦でG1チャンピオンズカップを優勝しました。 リンクスは土曜日から1週間後のプレシーズンデビューに向けて、より大きな抵抗の道を選択した。

ゴドルフィン・ジャパンのハリー・スウィーニー監督は最近のインタビューで、「そこでは多くの競争があり、9ハロンが彼を試すことになるだろう。それが彼のベスト距離かどうかは分からないからだ」と最近のインタビューでTDNのエマ・ペリーに語った。 「しかし、いずれにせよ、実際の選択は、日本の自宅にいて2月に走るか…それとも海外に行ってサウジカップに出場するかだ。 それが私たちがやることなのです。」

フェブラリーSは日曜日に16頭が金曜日に抽選される。 デルマーで開催される2024年のブリーダーズカップ・クラシックへの出場権を賭けた「勝てば参加」チャレンジレース。 しかし、2月は勢いが衰えることはありません。 規模の点で言えば、レースカレンダーはこの国のスターが他の場所にいることを示唆している。

“実は、 [the Saudi Cup] 「JRAのカレンダーでダートのG1レースが2つあるうちの1つとして、2月のSIは少し痛いですね」とスウィーニー師はコメントした。 つまり、レモンポップ、ウシュバテソロ、デルマソトケイクといった馬がサウジへ向かうことになる。 他の時代ではすべてフェブラリーSに出走します。

日本人はサウジカップレースの短い歴史の中で主要な選手であり、彼らの他の主要な将来にはディフェンディングチャンピオンが含まれます。 バドラット・レオーネ (JPN) (絆 {日本}) G2 1351 ターフ スプリント; フォーエバーヤング (日本語) G3サウジダービー(リアルスティール{日本})。 そして リメイク(日本語) (ラニ)は、G3リヤドダートスプリントで3位に入った成績をさらに伸ばすつもりだ。

サウジカップに出場するホワイト・アバリオを含むアメリカ代表団は水曜夜にリヤドに到着した。 国宝 (良質な道路) そして サウジアラビアの王冠 (いつも夢を見る)

購読者ではありませんか? 毎日の PDF またはアラートにサインアップするには、ここをクリックしてください。

記事のリンクをコピーする

投稿カテゴリー: トップニュース タグ: バドラット・レオン, テルマ・ソドケ, フェブラリーS., フォーエバーヤング, 競馬, レモンポップ, メイショウハリオ, ナショナルトレジャー, リヤド, サウジクラウン, サウジカップ, ウシュバ・テソロ, ホワイト・アバリオ

READ  Jenshin Impactの2.2アップデートは、Mihoyoの日本への敬意を示しています