10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

サウジアラビアは日本の吉田に謝罪します

日本サッカー協会の須原恭隆選手は土曜日、サウジアラビアサッカー連盟が木曜日のワールドカップ予選に続いて「差別的なジェスチャー」をしたことについて日本のキャプテン吉田麻也に謝罪したと語った。

吉田は、ジェッダのキングアブドゥッラースポーツシティスタジアムでの日本の1-0敗北に続いてインタビューを受けたとき、サウジアラビアのファンに嘲笑されました。

日本の吉田麻也(Lから2番目)は、サウジアラビアとのグループBサッカーの試合の後半に、サウジアラビアのジェッダにあるキングアブドゥッラースポーツシティスタジアムでの最終グループステージラウンドにボールを渡します。 カタールは2022年のワールドカップに出場する (京都)==京都

33歳のザンボリアディフェンダーはジェスチャーについて詳しく説明しなかったが、最後のワールドカップ予選での「非常に残念な」行動が問題であると述べた。

JFAの書記長兼最高経営責任者(CEO)の須原氏によると、サウジアラビア連盟の会長は会場で吉田氏に直接謝罪し、後に「ファンを含む日本のサッカー界全体に心からの謝罪」を発表した。 問題のある視聴者。

吉田は謝罪を受け入れ、須原はJFAが「これ以上の行動を期待していなかった」と述べた。

木曜日の敗北は、カタールでの2022年ワールドカップの日本の予選キャンペーンを混乱させ、マネージャーのハジメ・モリアスへのプレッシャーを強めました。

サムライブルーは、火曜日の埼玉スタジアムでのオーストラリアとの重大な衝突に先立ち、サウジアラビアとの3試合でグループBのトップに立っており、アジア予選決勝で勝ち2敗となっています。

2つのアジア予選グループの最初の2チームは、自動的に2022ワールドカップに到達し、3位の2チームはプレーオフに進みます。

READ  アジアの株式は今年の最低価格で動いており、ニュージーランドは安定したレートを持っています