8月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ケアンズと日本間の直行便が片道の観光客の往来を再開している

## MP ##

ケアンズから東京と大阪への直行便は、2年間のパンデミックの休止の後、本日再開されますが、COVID-19の制限により、現在、オーストラリアの独立した観光客が日本に旅行することはできません。

一方、日本人観光客を乗せた便はどんどん満席になっています。

ジェットスターグループのCEO、ギャレス・エバンス氏は、「オーストラリアへの訪問に関心のある日本人旅行者からは、すでに多くの需要が見られている」と語った。

## IAA1 ##

「日本政府が国際規制を緩和するという発表を歓迎することを楽しみにしています。これにより、両国間の双方向の旅行が可能になります。」

今朝ケアンズを出発する東京(成田国際空港)へのジェットスター便は、2020年3月からオーストラリアから日本への最初の商用旅客便となります。

週8便のスケジュールで、ケアンズと東京間を5便、ケアンズと大阪(カンザイ国際空港)間を3便運航しています。

ケアンズ空港のCEOであるゲイリーポーターは、フライトはこの地域のCOVID回復段階で最も重要な進展の1つであると述べました。

## PQ ##

「これらのジェットスターサービスの再開は、私たちのCovid回復フェーズの開始以来、私たちの航空および観光産業がどれだけ進んだかを象徴しています」と彼は言いました。

「熱帯北部のクイーンズランド州は日本からの訪問者に人気のある目的地であることを私たちは知っており、これらのフライトのおかげで観光客に歓迎の意を表すことが期待され、海外旅行への信頼は高まり続けています。」

「また、地元の極北の住民が日本の多くの魅力的な目的地に戻ることを楽しみにしていることも知っています。これらのフライトは多くの素晴らしいオプションを提供します。」

2019年、日本市場はこの地域に11万人の訪問者をもたらしました。

ツーリズムトロピカルノースクイーンズランドのCEO、マークオルセン氏は、オペレーターは彼らの復帰を楽しみにしていると語った。

「私たちの2つの世界遺産、先住民の文化と在来の動物は、平均5.6泊し、1人あたり1286ドルを費やす日本人の主なドローカードです」と彼は言いました。

「ケアンズは、私たちの最初の主要な国際観光市場の1つである日本と非常に緊密な関係を持っており、私たちは再び私たちのつながりを築くことを楽しみにしています。」

すでに完売している最初の復路便は、木曜日の夜に東京を出発し、金曜日の早朝に到着します。

ジェットスターは、大阪のフライトスケジュールを9月から週4便に増やすことを目指しています。

READ  日本の中小企業は困っている