10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カレッジ フットボール トップ 25 スコア、ハイライト、その日の試合: ミシガン州、インディアナ ディビジョン I が第 1 週に勝利

カレッジ フットボール トップ 25 スコア、ハイライト、その日の試合: ミシガン州、インディアナ ディビジョン I が第 1 週に勝利

カレッジ フットボール シーズンの最初の週は、金曜日の夜にさらに 8 試合が行われ、そのうち 2 試合は深刻なドラマがありました。 イリノイとインディアナの間のビッグ テンの対決は、フージャーズが残り 23 秒のショーン シヴァーズによる 1 ヤードのタッチダウンから 23-20 の勝利で逃げる前に噴火しました。

青信号は、第2四半期の初め以来、インディアナの最初のタッチダウンを記録し、フージャーズのフットボール管理チームは、イリノイからの弱い守備戦線に対して一晩中苦労しました. しかし、エレニが残り2:16でフィールドゴールを決めて20-16にした後、インディアナの攻撃は2分間の練習スタンドを特徴としていました。 ミズーリ州の移籍クォーターバックであるコナー・バシラックは、決定的な75ヤードの得点ランをリードし、フージャーズはその時点まで後半に70ヤードしか持っていませんでした。

別のビッグ テンの動きでは、ミシガン州立大学 #15 が 35 対 13 の勝利を収める前に、西ミシガンからテストを獲得しました。 スパルタンは第 2 クォーターの早い段階で 21 対 3 でリードした後、ドライ スペルに突入し、チッペワズは第 3 クォーター後半にノッチに近づくことができました。 最終的に、ミシガン州立大学は第 4 クォーターに復活し、試合終盤のドラマを回避しましたが、イースト ランシングではしばらく緊張が続きました。

WMU の驚きの試みは短いものでしたが、夜から予想外の結果がいくつかありました。 オールド ドミニオンはバージニア工科大学を 20 対 17 で下し、FCS ウィリアムとメアリーはシャーロットを 41 対 24 で下しました。

カレッジ フットボールのスコア、スケジュール: 第 1 週

No. 15 ミシガン州 35、西ミシガン 13- まとめ
オールド ドミニオン 20、バージニア テック 17- まとめ
デューク 30、テンプル 0 – まとめ
インディアナ 23、イリノイ 20- まとめ
TCU 38、コロラド州 13- まとめ
最初の週のスコアボード全体をチェックしてください

これをチェックしてください…

選ぶ: Old Dominion バージニア工科大学は 4 つの賢さで驚く
カレッジフットボールのランキング: 131-灘 | | APトップ25
ビューアーガイド: 最初の週に何を見ますか

READ  アストロズがレッドソックスからクリスティアン・バスケスを獲得