9月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オリバーが日本でフランスをリードするために戻る

ポストする:

パリ(AFP)- フランスラグビー連盟は火曜日に、チャールズ・オリヴィエが来月の2回の日本ツアーでフランスを率いることを発表した。

2021年6月のドロンフォワードの膝の怪我に続いて、オリーブはレブルースのキャプテンフランカーアンソニージェロンチとスクラムハーフのアントワーヌデュポンに置き換えられました。

この29歳の選手は、先月のヨーロッパチャレンジカップ決勝にチームを導き、日曜日に野蛮人をイングランドに対して説得力のある勝利に導いた。

2019年ラグビーワールドカップ後にファビアンカルティがヘッドコーチに任命された後、彼はギレムゲレロに代わってフランスのキャプテンを務めました。

「彼の任命についての議論はない」とフランスのセットプレーコーチ、カリム・ケッセルは記者団に語った。

「彼はクラブで元気に戻ってきました。大きな願望を持っています。

「彼は野蛮人の船長であり、彼は素晴らしい形をしている」と彼は付け加えた。

Jelonchは、オーストラリアが昨年7月にシリーズ2-1で敗れたことに責任を負っていました。

デュポンは、昨年11月にニュージーランドに勝利し、今年初めに6か国のグランドスラムトーナメントに出場しました。

Fly-Half RomainNdamakや中堅手GailFickauなどの第一候補の選手とともに、デュポンは次のトーナメントのためにCaltiによって休息されました。

金曜日にパリで、キャップのない17人の選手と2番目のTier ProD2の4人のガルシーのチームが、カストルとモンペリエの上位14人のファイナリストとともに集まりました。

フランスは今週末、7月2日にトヨタでブレイブブロッサムと対戦し、7日後に東京で日本に飛びます。

READ  Lenscardがアジアの眼鏡を製造するために日本のオンデーズを買収