3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウォーレン・バフェット氏は日本に大きく賭けており、5つの商社への出資を増やしている

ウォーレン・バフェット氏は日本に大きく賭けており、5つの商社への出資を増やしている

重要なポイント

  • 著名投資家ウォーレン・バフェット氏の会社バークシャー・ハサウェイは、日本の商社5社への出資比率を8.5%に引き上げた。
  • 5社とも日経平均株価は3.5─1%上昇した。
  • 日本経済は数十年にわたる停滞を経て、2023年に好転へ

古風な投資家であり、バークシャー・ハサウェイの CEO であるウォーレン・バフェットは、有名なプレーで知られていますが、今、彼はしっかりと日本に目を向けています。 オマハのオラクルは、株式の長期保有を目的として、バークシャーの商社5株への出資比率を引き上げた。

同氏の東洋への注力は、地政学的改革とコーポレート・ガバナンス改革の完璧な嵐のおかげで、今年の日本の株式市場を世界で最高のパフォーマンスにしたおかげで、西洋への投資家の関心を高めている。 景気上昇は衰える兆しがなく、低迷する日本経済の運命が大きく好転することを示している。 詳細は以下の通りです。

ウォーレン・バフェット氏は、「ゆっくりと着実に」投資戦略で驚異的な成功を収めてきました。 Q.ai で価値のある資産を見つけるバフェットの手法を使用して投資する バリューボールトキット相対評価が低く、バランスシートが良好な米国企業が混在しています。

秘密の材料は、毎週のデータを評価してどの銘柄が最高のパフォーマンスを発揮するかを予測する AI アルゴリズムです。 キット保有への投資を動的に調整して、できるだけ頻繁に上値を獲得できるようにします。

今すぐ Q.ai をダウンロード AI を活用した投資戦略にアクセスするには。

ウォーレン・バフェットは日本で何を買う?

バークシャー・ハサウェイは月曜日、子会社ナショナル・インデムニティ・カンパニーが日本の商社5社(伊藤忠商事、丸紅、三菱商事、三井物産、住友商事)への出資比率を引き上げると発表した。 バークシャー・ハサウェイの出資比率は現在8.5%となり、4月の7.4%から上昇した。

バークシャー・ハサウェイのプレスリリースでバフェット氏は、「当社は5つの投資のうちいずれか9.9%までしか購入することを約束していない。投資家の取締役会から特別な承認が得られない限り、当社はそれを超えて購入することはない」と述べた。 」

日本企業5社はバフェット氏の言うとおり、多様な資産バスケット、長期投資、強固なバランスシートに重点を置く国内最大の総合商社である。 企業は伝統的に、エネルギーと食品を輸入し、最終製品を輸出しています。 バークシャー・ハサウェイは他の日本企業と一切の株式を保有していません。

本誌の推計では、5社すべての保有価値の合計は200億ドルであり、すべての株式の価値が平均して2倍になっていることから、伝説的な投資家によるもう一つの怪物的な動きである。

2023年の日本経済はどうなるのか

日本は1980年代後半の世界的な株式市場の暴落以来、30年にわたり低迷しており、かつては好景気だった経済も後退している。 日本の人口高齢化が公衆衛生予算を圧迫し、言うまでもなく経済に参入する労働力の減少により、この国はしばらくの間いくつかの経済問題を抱えていた。

しかし、日本では潮目が変わりつつある。 世界的な台頭 炎症 4月の消費者物価は3.4%上昇し、40年ぶりの高水準となった一方、日本の大手企業の今年の給与は平均3.9%上昇し、デフレ脱却の新たな節目となった。

一方、緩和政策は継続 – 日本の中央銀行である日本銀行は金曜日、金利を-0.1%に据え置くことを確認した。 アナリストらは今年の日本経済の成長目標を1%に設定している。

日本の株式市場の変化

住宅資金の増加は支出の増加と経済のより大きな構造変化の兆候です 日本経済、バフェットや他の投資家の興味をそそりました。 しかし、別のことが影響している。それは、日本の株式市場に大きな「営業再開」のサインが現れていることだ。

東京取引所グループはこのほど、過小評価されている上場企業に対処するための市場再編計画をまとめた。

日本の株式市場にとってもう一つの追い風となっているのは、企業が手元資金の一部を取り崩し、自社株買いや増配に注力していることだ。 この結果、2022年度には700億ドルが取り出され、過去16年間で最高額となり、配当金は2024年3月までに総額1,000億ドルに達すると予想されています。

多少の運も関係します。 世界第2位の経済大国であり日本の隣国である中国は、先行して経済成長を遂げている。 半導体製造と新興技術市場の代替としての日本 日本はここ数十年、魅力的な市場ではありませんでした。

これは何を意味するのでしょうか? 多くの資金と強気な海外投資家が日本経済の上昇局面を捉えようと群がっている。 バンク・オブ・アメリカは東京証券取引所(TOPIX)の7%上昇を予想し、ゴールドマン・サックスは株式市場の3%上昇を予想している。

市場の反応

バフェット効果のおかげで、アナリストは5つの商社すべての目標を改善するのを目にしました。 三菱商事は3.72%、三井物産は3.31%、丸紅は1.87%それぞれ上昇した。

このニュースが発表されるまで、日経平均株価は月曜日後半の取引で0.06%上昇していた。 日経平均は今年反発し、バフェット氏の発表のおかげで2023年までに30%上昇し、現在は33年ぶりの高値に近づいている。

東京株式市場は投資家が利益確定の売りを出して過去2日間下落したが、TOPIXの工業サブ指数では商社セクターが最も好調だった。

バークシャー・ハサウェイのクラスB株は年初から9.52%上昇し、過去12カ月では26%上昇している。 年初から現在までのパフォーマンスは、現在2023年までの15.31%であるS&P 500の上昇率を下回っています。

結論

ウォーレン・バフェット氏が新しいところに投資すると、人々は注目を集めます。そしてその効果は、低迷する日本の株式市場を30年ぶりの高値に押し上げるのに確実に貢献しました。 コーポレートガバナンス改革とデフレ脱却を組み合わせると、日本経済の未来は明るいと思われます。

シャンパンアワーは続くのか? 日本はまだデフレの森から抜け出していないが、投資家の関心が正式に高まり、中国経済が減速していることから、30年間の苦しみを経て、少なくとも中期的には良い投資機会となりそうだ。

日本は 2023 年に低パフォーマンスからトップパフォーマーの 1 つとなり、世界の資産ベースにわたってポートフォリオを分散する価値を実証しました。 Q.aiさん グローバルトレンドキット バランスが良く分散された外国株式や債券、新興国市場、外国為替は、投資の労力を軽減し、富を築くのに役立ちます。

これは、データを選別して資産全体のどこで上昇が起こるかを予測する高度な AI アルゴリズムの魔法と連動します。 キットの在庫に重み付けを行うことで、世界市場全体を分析することなく利益を生み出すことができます。

今すぐ Q.ai をダウンロード AI を活用した投資戦略にアクセスするには。

フォローしてください ツイッター また リンクトインチェック N Webサイト

READ  Travis Japanが世界デビュー