12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウェッブ望遠鏡が霧の多い銀河に焦点を合わせる

ウェッブ望遠鏡が霧の多い銀河に焦点を合わせる

Wolf-Lundmark-Melot 矮小銀河のスピッツァー画像とウェブ画像。

の横並びのショット あなたが捉えた矮小銀河 Wolf-Lundmark-Melot NASA のスピッツァー宇宙望遠鏡とウェッブ宇宙望遠鏡は、この印象的なことを明らかにしています。 新しい望遠鏡が提供する精度。

Wolf-Lundmark-Melot は、約 3 の孤立した矮小銀河です。 天の川から百万光年 そして約10 倍小さい。 銀河ハローの幅は約8000光年 と信じられている やや古い. 1909 年 10 月に最初に発見されましたが、約 20 年後に銀河として特定されました。

現在、 ウェブ これまでにない方法で矮小銀河を見ることができます。 スピッツァー望遠鏡による銀河の眺めの次に、非常に薄暗い光源を解像する Webb の能力が実証されています。

ウェブ 2021年12月フランス領ギアナから打ち上げ 彼は宇宙の観測点まで何百万マイルも移動しました。 の 望遠鏡の正確な打ち上げ これにより、ミッションの平均余命が 4 倍になり、2040 年まで望遠鏡が稼働しているのを見ることができます (ハッブル望遠鏡は 期待される 1990年の発売から約15年間。 32年経った今でも続いています 強い、いくつかの抜け穴がありますが。)

矮小銀河の別のビュー。

Webb’s large mirror and state-of-the-art instrumentation means it can see fainter and more distant light than any space telescope before it. Among its research targets are exoplanets, objects within our solar system, and the universe’s earliest galaxies and stars. So far, the telescope’s science images have been spellbinding.

The newest image is no different. It shows countless light sources from a portion of the dwarf galaxy. The Webb image was taken by its Near-Infrared Camera (NIRCam) and includes light from four of the telescope’s filters; the Spitzer image includes light in two filters. You can also see the NIRCam image on its own 、ドラマ満載 ズーム.

ウェッブはこれで2回目 によって古い写真の横に編集された写真 スピッツァー. 最初は2つの天文台の比較でした 大マゼラン雲の写真、ウェッブの MIRI 装置とスピッツァーの赤外線アレイ カメラによってキャプチャされます。 スピッツァーに搭載された同じカメラが、矮小銀河の上記の画像をキャプチャするために使用されました。

マゼラン雲の画像もフルカラーではありませんでした。 それは最初のフルカラーのウェブ画像でした 7月12日に盛大にリリース. 代わりに、雲の画像は Webb の優れた連携を示す機会となりました。

これを使用してWebbにチェックインできます 便利な Twitter ボット 誰 – どの 望遠鏡がリアルタイムで見ているものを監視します。

詳細: ウェッブ望遠鏡は、これまでに見たことのないような創造の柱を示しています

READ  木星、土星、火星、金星が珍しい光景であるのを見る時間はまだあります