3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

インフレと円安が日本の休暇消費意欲を悪化させている

インフレと円安が日本の休暇消費意欲を悪化させている

民間部門の調査によると、日本の高インフレと円安により、個人や家族は年末年始の支出を控えている。

国内で休暇の予定がある人の平均予算は4万5,235円(320ドル)で、前年比27.8%増となったが、回答者の半数以上が、特別な食事やクリスマスプレゼント、マーケティングなどの季節の出費を削減していると回答した。 。 会社名は株式会社インテージです。 12月25日に語った。

回答者のうち56.2%は旅行の予定はないと答えた。

新型コロナウイルス感染症対策の緩和を受けて「実家に帰省する」と回答した人は18.5%だったが、円安の影響で海外旅行を予定している人は0.7%にとどまった。

最近の価格上昇を受けて、52.5%が季節支出を削減すると回答し、51.3%はインフレが注文を含むお祝いの食品の購入に影響を与えると回答した。 おせち お正月の食べ物、調査で判明した。

インテージの関係者は「人々の流動性は高まるが、貯蓄は依然として堅調に推移するだろう」と述べた。

調査は15~79歳の5,000人を対象に11月24~27日に実施された。

インテージが12月27日に発表した別の調査では、総額は おとしたたまあるいは児童のお年玉が2022年から6%増の25,099円になりました。

それによると、お年玉を贈る人の約9割が現金で渡す一方、受け取る予定のある人の4分の1はキャッシュレス決済を好むという。

READ  日本のシックスヌードルダイスと夕食に何を食べるかを話し合う時間を無駄にしないでください【写真