7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

インドの探査機チャンドラヤーン3号が月の表面に硫黄の存在を確認

インドの探査機チャンドラヤーン3号が月の表面に硫黄の存在を確認

インドの月面探査機が、月の南極で化学元素を初めて発見した。

チャンドラヤーン 3 号は月の土壌から硫黄を検出し、ある専門家はこれにより月の隣人の起源についてさらに多くのことが明らかになる可能性があると述べた。

中国宇宙機関によると、月の南側で硫黄が「その場」、つまり探査機によって遠くから検出されたのではなく、硫黄が存在する場所で発見されたのは今回が初めてだという。

チャンドラヤーン 3 号では、アルミニウム、カルシウム、鉄、クロム、チタン、マンガン、ケイ素、酸素も発見されており、現在、水素の探索が進行中です。

チャンドラヤーン3号は8月23日に凱旋着陸し、インドを高揚状態に陥れてから1週間月面に滞在した。

インド宇宙研究機関 (ISRO) は、チャンドラヤーン 3 号によって発見された硫黄 (S) を含む化学元素を示すこのグラフを X 上で発表しました。
チャンドラヤーン 3 号のかわいい小さな探査車 (愛称「プラギャン」) は、より大きな着陸船 (「ヴィクラム」) に乗って月に輸送されました。 着陸からわずか 1 日後、探査機は親車両から出てきて探索を開始しました (写真)

続きを読む 月に向かう探査車チャンドラヤーン 3 号をご覧ください

チャンドラヤーン 3 探査車の重さはわずか 26 kg (57 ポンド) で、これはフルサイズのスイカ 3 個とほぼ同じです。

この元素の発見は、インド宇宙研究機関(ISRO)によってX(旧Twitter)上で発表された。

これは、固体、液体、または空気サンプル中の元素濃度を測定できる小型機器である車両のレーザー誘起分解分光法 (LIBS) によって達成されました。

「チャンドラヤーン 3 号探査機に搭載されたレーザー誘起破壊分光法 (LIBS) 装置は、南極近くの月の表面の元素組成をその場で初めて測定しました。」 ISROは投稿でこう述べた

「これらの現場での測定は、その地域に硫黄が存在することを明確に裏付けていますが、これは周回衛星に搭載された機器では不可能だったことです。」

ロンドン自然史博物館の惑星科学教授サラ・ラッセル氏は、探査車の発見は研究者と宇宙飛行士の両方にとって「非常に重要な意味を持つ」と述べた。

彼女はMailOnlineに対し、「硫黄は通常、鉄やニッケルなどの重要な鉱物と関連付けられており、これらは将来の宇宙飛行士が月で生活し、活動できるようにするために使用できる重要な鉱石である可能性があります。」と語った。

「宇宙飛行によって月から持ち帰られた岩石や月の隕石の分析から、月には硫黄が含まれていることはすでにわかっています。

ISRO は、固定着陸船と車輪付き探査機で構成されるチャンドラヤーン 3 宇宙船の進捗状況に関する最新情報を定期的にツイートしています。

続きを読む: 月はこうして形成されたのか?

科学者たちは、テイアと呼ばれる惑星が地球に衝突したときに月が誕生したのではないかと疑っている

「私たちが実際に知らないのは、月上の硫黄の分布と存在量です。

「これは、月がどのように進化したかを理解する上で非常に重要な意味を持ちます。

「たとえば、月が巨大衝突で最初に形成されたとき、どれだけの硫黄が失われたのか、そして今日、月のさまざまな岩石層の組成はどのように異なっているのでしょうか?」

ISROは過去1週間、チャンドラヤーン3号宇宙船の進捗状況に関する最新情報を定期的にツイートしてきた。

チャンドラヤーン 3 号は、脚の長い固定着陸船 (「ヴィクラム」という名前) と車輪付き探査機 (「プラギャン」) で構成されています。

探査機は着陸船で月に運ばれたが、マンジヌス C クレーターとシンペリウス N クレーターの間の比較的平らな場所に着陸してからわずか 1 日後、探査機は親機を打ち上げて探査を開始した。

それ以来、月は地球から20万マイル以上離れた月南部地域の驚くべき画像を送り返し続けています。

チャンドラヤーン 3 号は、マンジヌス C とシンペリウス N の南のクレーターの間に着陸しました。南極の他の近隣地域と比較して、この地域が平らであることに注目してください。

続きを読む なぜ各国は月の南極点を目指して競争するのでしょうか?

「宇宙開発競争2.0」と称されるものの一環として、インド、ロシア、中国、米国は月の南部地域への着陸を望んでいる

そんなショットのひとつ 月曜日に ISRO によって X に掲載されました この写真では、車両の直前に直径 4 メートル (13 フィート) の穴があり、車両の進路を妨げています。

もし車両が巨大な溝を感知していなければ、溝に落ちて横転し、任務が途中で終了していた可能性がある。

幸いなことに、車両はルートを引き返すよう命じられ、現在は安全に新しい道に向かっているとISROは述べた。

探査車が撮ったもう一つの美しい写真と、 水曜日の X に掲載、月面の土のでこぼこした部分の前にある母なるヴィクラム着陸船を示しています。

インドは先週、チャンドラヤーン3号ミッションで世界の注目を集めたが、すでに完成まで半分を迎えている。

着陸船と探査機の両方の科学機器は、電源を失うまでに月の 1 日 (地球の 14 日) だけ作動しますが、これは比較的短いミッションです。

この期間が終了すると、探査車と着陸船は月面で活動を停止し、ミッションは終了します。

チャンドラヤーン 3 号の機器は、月の塵に覆われてその生涯を終えることになるが、自然の月への有人飛行で部品を回収して再利用できる可能性は不可能ではない。

インド宇宙研究機関が提供したこの画像は、ナビゲーション カメラで見た、チャンドラヤーン 3 号が遭遇したクレーターを示しています。
美しい:インド宇宙研究機関(ISRO)が提供した、プラギャン探査車が撮影した画像には、ヴィクラム着陸船が写っている。 写真は2023年8月30日に公開されました

インドは先週、前任機チャンドラヤーン2号が同じ目標を達成できなかった4年後、月の南極への着陸に成功し、記録簿に名を連ねた。

インドは米国、ロシア、中国に次いで宇宙船を月面に安全に着陸させた4番目の国だが、月の南極に着陸させた最初の国としても歴史に名を残している。

ロシアは8月19日に月の南側に探査機を着陸させようとしたが、制御不能になって回転して墜落して無残に失敗し、代わりにインドがこの偉業を達成する道が開かれた。

チャンドラヤーン3号は実際には1か月以上前、7月14日にチェンナイ北のサティシュ・ダワン宇宙センターからロケットに乗って地球を出発した。

インドの宇宙船は、数日以内に到着したアポロ計画よりも月に到達するまでに時間がかかりました。これは、このアジアの国が使用しているロケットの威力がはるかに低いためです。

中国と米国はインドの成功に続き、月の南極点への着陸を独自に試みる

インドとロシアに加え、中国と米国も月の南極に宇宙船を設置する競争に参加している。

インドが首位争いに勝利したが、他の 3 か国は、この 10 年後半に 2 番目の国になると予想されている。

2026年に予定されている中国の嫦娥7号ロボット探査ミッションは、月の南極を目的地としている。

一方、NASAが運営するアメリカのアルテミス計画は、月の南に無人ロボット装置を着陸させるだけでは飽き足らず、代わりに人間を派遣したいと考えている。

初の女性と初の有色人種を月面に着陸させるアルテミスIIIミッションは2025年に実施される予定だが、NASAは最近、それが遅れる可能性があることを認めた。

ルナ25号による初の南極点着陸を目指すロシアの試みは、インドが記録を樹立する数日前に失敗した。

1976年のルナ24号の後継となるロシアのミッションは、制御不能になってスピンして墜落し失敗した。

元ロシア宇宙計画研究者で現在亡命中のヴァレリー・エゴロフ氏は、今回の事故は将来のロスコスモスのミッションに深刻な影響を与え、次回のミッションは2028年か「さらに先」まで計画されないと述べた。

インドの宇宙計画は比較的低予算ですが、2008 年に最初の探査機を月周回軌道に送って以来 (チャンドラヤン 1 号)、その規模と勢いは大幅に成長しました。

チャンドラヤーン3号ミッションの費用は7,460万ドルで、他国よりもはるかに低く、インドの倹約的な宇宙工学の証拠となっている。

専門家らによると、インドは外国の同業者の数分の1の賃金しか得られない高度な技術を持った技術者が豊富に存在するため、既存の宇宙技術を模倣して適応させることでコストを低く抑えることができているという。

インドは2014年にアジアで初めて火星の周回軌道に衛星を投入し、来年までに地球周回軌道に3日間の有人ミッションを打ち上げる予定だ。

インドはまた、日本の航空宇宙庁(JAXA)と協力して、チャンドラヤーン4号も月の南に着陸する予定だが、寿命ははるかに長い。

チャンドラヤーン 4 号は暫定的に 2025 年または 2026 年に打ち上げられる予定です。

READ  宇宙初期の最も弱い銀河