7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イランでは、マフサ・アミニ抗議活動1周年を記念して検問所が一斉に設置され、大学の撤去が行われた。 国際的

イランでは、マフサ・アミニ抗議活動1周年を記念して検問所が一斉に設置され、大学の撤去が行われた。 国際的

スナップチェックポイント。 インターネットの故障。 大学の消毒。

イランの神権政治は、ヒジャブ着用義務化に対する抗議活動のもうすぐ記念日を無視し、さらなる暴動の可能性を鎮めようと懸命に努力している。

しかし、9月16日の22歳のマーサ・アミニさんの死はイラン全土に響き続けている。 当局による取り締まりが強化されているにもかかわらず、ヒジャブを着用しないことを選択する女性もいる。

おそらくイラン政府に対するものと思われるこの落書きは、テヘラン市職員らによってすぐに黒く塗られた。 大学教授らは明らかにデモ参加者を支持したとして解雇された。

政権が長年にわたる対立を経て地域の他国や西側諸国との緊張を静めようとしているにもかかわらず、イランに対する国際的な圧力は依然として高い。

「女性と女児の表現の自由を否定する武器として『公然わいせつ』を使用することは、女性や女児の権利を大きく剥奪し、性差別と疎外を固定化し拡大させることになる」と国連の独立専門家らが今月初めに警告した。

アミニさんの死を巡るデモは、1年前にヒジャブを着用していたとして同国の道徳警察に逮捕された後に勃発し、1979年のイスラム革命以来、イランの神権政権が直面する最大の課題の一つとなった。その後、500人以上が殺害され、2万2千人以上が逮捕された。

最高指導者ハメネイ師を含むイラン政府は、その主張を裏付ける証拠を示さず、騒乱を煽ったとして西側諸国を非難している。 しかし、この抗議活動は、2018年にドナルド・トランプ前大統領がアメリカを一方的に核合意から離脱させた後、世界大国とのイラン核合意が崩壊して以来、8,000万人のイラン国民が直面している広範な経済的苦痛の燃料となっている。

西側諸国の制裁の復活により、イランの通貨リアルは暴落し、人々の生命貯蓄は吹き飛んだ。 新型コロナウイルスのパンデミックやロシアの対ウクライナ戦争をきっかけとした世界的な圧力もあり、国内がインフレに見舞われ、食料やその他の必需品の価格が急騰している。 イラン人の若者の5人に1人が失業しているにもかかわらず、失業率は公式に全体で8%となっている。

昨年のデモのビデオには多くの若者が抗議活動に参加している様子が映っており、当局はここ数週間でイランの大学にさらに重点を置いているようだ。 こうした懸念には歴史的な前例がある。1999年には学生主導の抗議活動がテヘランで広まり、デモはすぐに他の都市にも広がり、少なくとも3人が死亡、1,200人が逮捕された。

大学のキャンパスは依然として学生がデモを行える数少ない安全な場所の1つであるが、最近の弾圧は大学自体にも影響を及ぼしている。 イラン学生組合評議会は、過去1年間、抗議活動を巡って数百人の学生が大学の懲戒委員会に直面していると発表した。

改革派のアル・エテマド紙が発表した報告書によると、同時期に少なくとも110人の大学教授や講師が解雇または一時停職となった。 解雇は主にテヘラン・アザド大学、テヘラン大学、テヘラン医科大学などテヘラン市内の学校に集中していた。

エテマド氏によると、解雇された人々は2つのグループに分けられ、強硬派のエブラヒム・ライシ大統領の選出を懸念する教師と、アミニ氏の死後の抗議活動を支援する教師だった。

しかし、他の学校でも銃撃事件は起きている。

テヘランのシャリフ工科大学では、抗議活動に参加する学生たちを支援し、後にイラン治安部隊による尋問に直面した人工知能と生物情報学教授のアリ・シャリフィ・ザルシ氏も解雇された者の中に含まれていた。

同氏の退学取り消しを大学に求める嘆願書には1万5000人が署名した。

「教授や学生に対する圧力は、#テヘラン大学の名誉ある歴史に汚点であり、止めなければならない」とザルシ氏は解任前にオンラインで書いた。

同様に解雇された大学教授の中には、民兵組織革命防衛隊の元司令官で国防副大臣のホセイン・アラエイ氏や元文化大臣のレザー・サレヒ・アミリ氏も含まれている。 10年前、アライ氏はハメネイ師をイランの元シャーに例えたことがあるが、アミリ氏は比較的穏健派のハッサン・ロウハニ大統領政権の元高官だった。

2015年に政府が世界大国と核合意に達したロウハニ大統領は、大学の退学を批判した。

オンラインニュースウェブサイト「ジャムラン」の報道によると、ロウハニ大統領は「大学とその教授の威信を損なうことは、学生、科学界、そして国にとっての損失だ」と述べた。

テヘラン大学のモハマド・モギミ学長は、教授らが「倫理的問題」に直面していると述べ、解雇を擁護しようとしていた。 一部の強硬派は解任は政治的なものではないと主張しようとしたが、強硬派ケイハン紙は解任とデモを直接結び付けた。

同紙は「外国人の監督下で誰かが反政権の布教活動を行うことを許すのは意味がない」と書いた。

テヘランの街頭でデモ参加者らは、政府の措置で状況がさらに悪化する可能性が高いと主張している。

「彼らは抗議活動を止めるために自国民を大学に連れて行こうとしているが、私たち学生は彼らが想像もつかないような方法で反対の意を示すだろう」と21歳の大学生、島さんは語った。 「地震は誰も予測できないので、彼らは昨年の抗議活動を防ぐことができませんでした。」

27歳の大学生ファルナズさんは、当局が「木刀で風車と戦っている」と付け加えた。 どちらの女性も報復を恐れてファーストネームのみを明かした。

政府はこの記念日について公には沈黙を守ろうとしている。 ライシ氏はジャーナリストらとの最近の記者会見でアミニ氏の名前を一度も言及しなかったが、ジャーナリストらもデモについてさりげなく言及した。 イランの国営および半官製メディアも、通常は政府からの圧力を示す記念日への言及を避けた。

しかし活動家たちは、アミニさんの叔父を含め、治安部隊によって尋問され逮捕される人の数が増加していると非公式に報告している。

アミニ家の弁護士であるサレハ・ニクバクト氏は、外国メディアとのインタビュー中に「プロパガンダ」を広めたとして告訴されている。

ここ数日、テヘランの路上ではさらに多くの警察官が目撃されており、首都ではバイクに乗っている人たちに抜き打ち検問が行われるなどしている。 擁護団体 NetBlocks によると、ここ数日、インターネット アクセスが大幅に中断されています。

海外ではイラン国営メディアが、週末にパリのイラン大使館前で何者かがタイヤに火を放ったと報じた。 この記念日を記念するデモは土曜日に海外のいくつかの都市で予定されている。

私たちに登録してください 週刊ニュースレター EL PAÍS USA Edition の英語ニュースの詳細については、こちらをご覧ください。

READ  ロバート・ゲイツ元国防長官は、キャンパスの抗議活動参加者の多くは中東の歴史について「あまり知らない」と語る