1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イタリアには、100 を超える中国の非公式の「警察署」のうち 11 が置かれています。 イタリア

スペインの公民権団体の報告によると、イタリアは世界中の 100 を超える非公式の中国の「警察署」の中で最大の数をホストしています。

伝えられるところでは、中国の 2 つの地方公安当局が、イタリア北部の都市ミラノを、海外の中国人居住者を監視し、反体制派を強制的に帰国させるという警察の戦略のためのヨーロッパの試験場として使用したとされています。

マドリッドに本拠を置く Safeguard Defenders は 9 月に、そのようなステーションが世界中に 54 か所あると報告し、カナダ、ドイツ、オランダを含む少なくとも 12 か国で警察の捜査を促しました。

報告 月曜日に投稿された公民権団体は、48の追加の放送局を特定したと述べ、そのうち11はイタリアにある. 彼女は、他の新たに特定されたステーションがクロアチア、セルビア、ルーマニアにあると付け加えました。

イタリアの停留所は、ローマ、ミラノ、ボルツァーノ、ベニス、フィレンツェ、プラート (イタリアで最大の中国人コミュニティを擁するフィレンツェ近郊の町)、そしてシチリアにあります。

中国政府は、これらのオフィスは、パスポートや運転免許証の更新などの官僚的な手続きで中国市民を支援するために設置された「サービスステーション」にすぎないと述べた。

Safeguard Defenders の調査は、公開されている中国の声明とデータに基づいており、大規模な中国人コミュニティを持つ国で地元の中国の公安当局によって設置されたステーションに限定されていました。

Safeguard Defenders は、放送局が北京によって直接運営されていたわけではないが、「いくつかの声明や政策は、その設立と政策を奨励する中央政府からのより明確な指針を示し始めている」と主張した。

公民権団体は、非公式の警察署が中国によって「嫌がらせ、脅迫、脅迫、および迫害のために中国に戻るように標的を強制する」ために使用されていると主張している.

このグループは、公式の身柄引き渡しルートとは対照的に、脅迫がイタリアから人々を強制的に帰国させるために使用されたという証拠があると述べています。 .

Safeguard Defenders のキャンペーン ディレクターである Laura Harth 氏は、「中国のデータを監視しており、4 月に情報省から、わずか 1 年で 210,000 人が帰国するよう説得されたことを示す情報に出くわしました。

帰国を余儀なくされた人々の中には、国外に逃亡した腐敗した役人を追い詰めるために中国の習近平国家主席が開始したキャンペーンである「フォックス ハント作戦」のターゲットが含まれている.

国家統計局 Istat の 2021 年の統計によると、33 万人の中国市民が住むイタリアは、両国間の無数の合意により、潜在的な北京の影響力の肥沃な土壌となっています。 その中には、2015 年に初めて調印された合同警察パトロール計画があり、中国の警察が一時的にイタリアの都市をパトロールし、表向きは中国人観光客を支援するというものでした。

報告書によると、2016 年 5 月にイタリアで初の非公式の中国警察署が温州市の公安局によってミラノに「パイロット」として設置され、観光支援隊がイタリアでデビューした。 温州はその後、プラートとパリに本社を設立しました。 2018年、警察のパトロール契約が強化された直後、青田公安もミラノに「トライアル」オフィスを設置しました。

「中国の地方当局がこれらの端末をイタリアでパイロットとして使用できたという事実は、まったくぞっとするものです」とハースは言いました。

当時マリオ・ドラギ政権下にあったイタリア内務省は9月にイル・フォリオに宛てた声明で、中国の非公式警察署とされるものは「特に関心がない」と述べた。

10 月に権力を握る前、現在のイタリアのジョルジア メローニ首相は断固として反中国でした。

報告書は、「イタリア政府は、その領土内に最大数の和解窓口が存在するにもかかわらず、海外の中国警察署への調査をまだ発表していないか、違法であると宣言していないヨーロッパの数少ない国の1つです」と述べています。

READ  ヨーロッパはついにロシアのエネルギーの後に来る