7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アンゴラ、ブラジル、日本、スペインが北マケドニア2024年プレジデンツカップ上位グループに選出

アンゴラ、ブラジル、日本、スペインが北マケドニア2024年プレジデンツカップ上位グループに選出

プレジデンツカップのグループステージ最終日は好成績を収め、アンゴラ、ブラジル、日本、スペインがグループ首位となり、17対20で順位決定戦に進出し、イランとウズベキスタン・イスラム共和国の出場が決まった。 2024年のIHF女子ジュニア世界選手権で初優勝。

グループI

ブラジル vs チュニジア 26:24 (15:9)

今大会の勝利により、ブラジルは最大勝ち点6でグループIを首位に立ち、順位決定戦では17勝20敗でプレジデンツカップ出場権を争っている。 一方、チュニジアは勝ち点4で2位となり、21/24の順位決定戦を継続することになった。

センターバックのロレーナ・デ・ソウサ・サントスが6ゴールでブラジル得点王となり、チームメイトのジュリア・ロドリゲスもチームの得点にさらに5ゴールを加えた。 チュニジアはメザ・ベン・ハッシンが7得点、ゴールキーパーのイレフ・アヤ・ブーベイカーがセーブ率42%を誇ったが、チームの勝利には不十分だった。

ブラジルは明らかに前半を圧倒し、早い段階で6対2のリードを広げ、最終的にはその差を6ゴールに広げ、ハーフタイム時点では15対9と、絶対的なリードを保った。

後半に入るとチュニジアは調子を上げて逆転を目指し、12分間で19分21秒に2点差に迫った。 しかし、ブラジル人が意地を張って、2024年の北マケドニア大会で3連覇を達成したため、大きな成果を上げることはできなかった。

アルカロイド・プレイヤー・オブ・ザ・マッチ: ジュリア・ロドリゲス、ブラジル

イラン・イスラム共和国 vs チリ 27:25 (12:13)

イラン・イスラム共和国は4連敗の後、北マケドニア2024に開幕し、厳しい試合でチリを破った。 アジアチームは25勝28敗で順位決定戦に臨むことになるが、5連敗を喫したチリは29勝32敗で順位決定戦を終えることになる。

この試合では両チームのゴールキーパーが15セーブを挙げ、イラン・イスラム共和国のDFナスタラン・クツァリファラハニとファテメ・メリクがそれぞれ8ゴールと6ゴールを決めた。 アジアチームが試合に勝ちました。

前半途中でイラン・イスラム共和国が7対4とリードしたが、チリはハーフタイム前に流れを変えるべく奮闘した。 しかし、イランは後半を3:0のランでスタートすると、その後は少し優勢になり、最終的に27:25のスコアで待望の勝利を収めた。

アルカロイド・プレイヤー・オブ・ザ・マッチ: イシドラ・バルディビソ、チリ

グループ II
アルゼンチン vs 日本 33:35 (15:18)

アルゼンチンは2点目のリードを奪うことも、同点に追いつくことも1度しかできず、試合開始2:0が60分間全体のテンポを左右した。

16分から21分までの6対1の日本の得点がこの試合最大の差を生み出し、右ウイングの佐々木彩夏がアジア側に6ゴールを決め、15対9となり、左ウイングの奥村優左とセンターバックの山口塔子が追加点を決めた。 それぞれ5ゴールずつ。

しかし、アルゼンチンはまだ勝利を追い求めており、休憩時間の18分15秒までにわずか3ゴールしか挙げられなかった。 後半に入っても、日本はアグレッシブな守備でアルゼンチンを4対2で破り続けたが、南米王者だけが日本の攻撃を止められなかった。

マガリ・アルフレディは北マケドニアで2024年のベストゲームとなり、アルゼンチンが23分23秒に同点に追いつく11ゴールを挙げたが、日本が3対0でリードしたことで最終的に試合はアジアチームの命運を分けた。 冷静に35:33の勝利をもたらした東このか選手が、残り3秒で最後のゴールを決めた。

この勝利により、日本はプレジデンツカップのグループIIを1位で終え、順位決定戦の第1試合でアンゴラと17対20で対戦する一方、アルゼンチンは21対24で2位で順位決定戦に臨むことになる。 ギニアと対戦する。

アルカロイド・プレイヤー・オブ・ザ・マッチ: 小山 歩 (日本)

グループⅢ
チェコ vs スペイン 29:29 (19:16)

前回大会ではセルビア戦や中華人民共和国戦での敗北など残念なパフォーマンスが続いたが、最終的にチェコは100%ヨーロッパの戦いでスペイン戦で好プレーを見せ、グループIIIの最終盤に向けて強い印象を残した。 プレジデントカップ

フランス、ドイツとの厳しい戦いを経て、2連勝を飾ったスペインは疲労とやる気のなさを見せ、何度かリードが入れ替わる波瀾万丈の試合となった。 テーブル。

シモナ・シュリブメイロワとベロニカ・バヴロワの活躍で前半を力強くフィニッシュし、チェコが前半終了時点で19分16秒とリードしたが、スペインが後半開始に無反応の4分0秒のランでリードを取り戻した。 。

チームは一進一退の展開となり、シュリブメイロワとヴァヴロワが合わせて20ゴールを決め、後半に4度交代した北マケドニア2024大会でこれまでで最高の試合の一つとなった。 しかし終了が近づくにつれ、先制したのはチェコだった。

しかし、スペインは反撃し、アイダー・ボレス・オルチャが再びコートに戻り、90秒が経ち29分28秒でリードを奪った。 しかし、チェコは勝利を目指しており、この結果はさらに良い結果をもたらす可能性を高めるだけだ。

2度ゴールキーパーのパトリス・ヴィズロワが土壇場でシュートをセーブし、チェコはバヴロワの9点目でなんとか同点に追いついたが、最後はスペインが好守して敗北を回避した。

スペインはグループリーグを勝ち上がり、順位決定戦でブラジルと17対20で対戦する。一方、チェコは勝ち点3を獲得しているが、プレジデンツカップの最終戦でセルビアがアルジェリアに勝てば3位に転落することになる。

アルカロイド・プレイヤー・オブ・ザ・マッチ: シモナ・シュリプメイロワ (チェコ共和国)

プレジデントカップ
グループ IV

ギニア vs アンゴラ 22:23 (11:8)

ベルナルデス・カーラ・ベロが試合終了間際にフリースローを決め、アンゴラがアフリカダービーでグループ4の勝利を収めた。 これにより、2024年北マケドニアでは3度目の優勝となった。 ギニアは前半よく頑張った。 アンゴラの汗。 2023年CAHBアフリカ女子ジュニアハンドボール選手権大会でアンゴラが31:22で敗れたことは意外かもしれないが、両チームとも勝てばグループ首位通過できることは分かっている。

開始から3分間はゴールが生まれず、両チームとも遅いスタートとなった。 相手の守備を突破したのはアンゴラだったが、より良い立ち上がりを見せたのはギニアだった。 Mabinty Bangoura (4/6) のセーブで 5:3 とリード。 しかし、焦った攻撃はターンオーバーを誘発し、点差を広げるチャンスを阻止し、アンゴラはそれを賢明に利用した。 左ウイングのエリザンドラ・ペドロが2試合連続ゴールを決め、前半20分過ぎにチームは同点となった。

アンゴラの輝かしい瞬間は、ギニアが21分から28分の間に4:0でリードしたことで終わりを迎えた。 いくつかの挫折にもかかわらず、彼らはハーフタイム時点で11:8のリードを守りました。

しかし、後半に入るとアンゴラは元気を取り戻し、流れが一変した。 素晴らしいスタートで4:0のランを奪い、試合開始1:0でアンゴラにこの試合最初のリードを与えた。

その時点からギニアは劣勢に立たされ、マリアマ・バンクラとアルカロイド・オブ・ザ・マッチのマリー・ソウマという2人のベストプレーヤーの助けを借りて追いつこうと努めた。

アンゴラの支点の最初のベルナルデ・カルラ・ベロが終了40秒前の22分21秒にゴールを決めた。 マリアマ・バングラが同点に追いつき、ギニアがプレーオフのベスト進出を決めるチャンスを広げた。 しかし、アンゴラはその時間を使い、ボールを手放すことなく賢い攻撃でフリースローを獲得した。 結果? ベロはアンゴラ代表としての7試合目で見事な勝利を収めた。

アンゴラはグループIVを1位で終え、17対20の順位決定戦に進み、まず日本と対戦する。 彼らのアフリカの友人たちは、トーナメントで21位から24位まで最初の対戦相手であるアルゼンチンと戦うことになる。

アルカロイドが主人公:マイエリ・ソウマ(ギニア)

ウズベキスタン vs アメリカ 42:25 (20:14)

ウズベキスタンは2024年IHF女子ジュニア世界選手権でアメリカ合衆国を42対25で破り、大会史上初勝利を飾った。

ウズベキスタンは連敗を止めることを決意し、最初の4分間アメリカを無得点に保ち、3ゴールを決めて試合を投げ切った。 チームUSAは一度も劣勢にならず、点差を1点に縮め、試合は20分近く接戦を続けた。

ウズベキスタンのゴールキーパー、ルクショナ・ルセエワが27回の試みで13セーブを記録した前半の素晴らしいパフォーマンスがアジア側の猛攻を刺激し、コンバートされたファストブレイクで16:10のリードを築いた。

北マケドニアは右ウイング、エデン・ネスパーの最高の攻撃パフォーマンスでUSA 2024を助けたが、守備陣は前半で20ゴール中18ゴールを決めたウズベキスタンの強力なバックラインに対処できなかった。

後半に入っても状況はあまり変わらず、ウズベキスタンは苦戦を続けた。 13分、彼らは初めての二桁リードを手に入れた(29:19)。 米国はポストの間にジュリア・マリスを起用して守備を強化しようとしたが、彼女もまた厳しい仕事をした。

外野手11人中9人が少なくとも1得点を挙げ、ウズベキスタンはワールドカップで初めて40得点の大台を突破した。 アメリカでは、アルカロイド・オブ・マッチの選手、エデン・ネスパーが7ゴールでチームを大会最高のパフォーマンスに導き、左サイドバックのデイジー・リシアが7ゴールを決めた。

ウズベキスタンは現在、25対28の順位決定戦で対戦相手を待っており、アメリカは29対32の順位決定戦での初勝利を夢見なければならない。

アルカロイド・プレイヤー・オブ・ザ・マッチ: エデン・ネスパー (アメリカ)

READ  地震情報:中程度のMac。 5.7地震-内海、東京の南46 km、山口市シャノン市、2021年7月17日土曜日午後8時50分(GMT +9)