4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジア株は小幅上昇、日本は円安を警告

ウェイン・コール著

[シドニー 2日 ロイター] – 投資家らは今週の米国のインフレ統計が金利低下の見通しを狂わせることはないと期待する一方、日本による為替介入のリスクが円安を食い止めたため、月曜日のアジア株は上昇した。

米国のコア個人消費支出(PCE)価格指数は2月に0.3%上昇し、年率2.8%のペースを維持した。 これ以上のことがあれば、連邦準備理事会(FRB)の6月利下げに対する楽観論が後退すると受け止められる可能性がある。

PCE統計が発表される金曜日はイースターのため多くの市場が休場となるため、完全な反応は来週まで待たなければならない。

FRBのジェローム・パウエル議長は先週、6月の緩和確率が74%と、前週の55%から上昇する見通しを示唆するタカ派姿勢を見せた。

パウエル氏は金曜の政策会議で司会付き討論会に参加する予定で、今週はリサ・クック理事とクリストファー・ウォーラー理事も出席する。

4月3日のEU全体のCPI報告に先立ち、欧州ではフランス、イタリア、ベルギー、スペインの消費者物価データを用いた独自のインフレテストが行​​われている。

スウェーデン中央銀行は水曜日に会合を開き、政策金利を4.0%に据え置くと一般的に予想されているが、スイス国立銀行(SNB)による先週の驚くべき緩和を受けて、市場はさえない報告書を期待していた。

世界的に借入コストが低下するとの期待が株式にとって追い風となり、S&P500指数は年初来で10%近く上昇した。 月曜早朝、S&P500先物とナスダック先物はほとんど変わらずの取引となった。

MSCIの日本以外のアジア太平洋株で構成する最も幅広い指数は0.1%上昇し、8カ月ぶりの高値を下回った。

日本の日経平均株価は0.4%下落し、先週は円安を受けて5.6%上昇し、過去最高値を更新した。 [.T]

先週、中銀はさえない表情を見せたが、それだけではなく、スイス国立銀行(SNB)が実際に利下げを行ったほか、イングランド銀行(BOE)と欧州中央銀行(ECB)も6月からの緩和を見込んでいる。

中国人民銀行(人民銀行)も金曜日、人民元が4カ月ぶり安値となる1ドル=7.2元まで下落し、市場を驚かせた。

日本は円を顎で支える

キャピタル・エコノミクスの副チーフ市場エコノミスト、ジョナス・ゴールダーマン氏は「ドルの反発は他の主要中央銀行、特にSNBと英中銀のより顕著なハト派姿勢を反映していると考えられる」と述べた。

同氏は「人民元の急激な下落を容認するという人民銀行の明らかな決定が、全体的なドルプラス基調をさらに強めた」と付け加えた。 「全体として、イースター休暇期間を前に米ドルは堅調に推移しており、引き続き堅調な米経済指標によりこの水準が維持される可能性が高い。」

投資家はこれが一連の利上げの始まりではないと想定しており、日銀の超金融緩和政策から離れる動きさえもドルを切り離すことはできず、先物金利は金融緩和政策終了時点でわずか20ベーシスポイントしか示さなかった。年。

月曜日、ドルは先週の151.86円から1.6%上昇し、151.30円で取引された。 過去に日本の介入を招いたこともあり、市場は152.00を試すことに警戒している。 [USD/]

実際、日本の金融当局トップは月曜日、現在の円安はファンダメンタルズを反映しておらず、行き過ぎた動きは望ましくない、と警告した。

ユーロはSNBの衝撃利下げ後のスイスフランに引きずられ、1.0808ドルに固定された。

先週、過去最高値の2,217.79ドルを記録した後、ドル高が金の輝きを一部奪い、1オンスあたり2,168ドルとなった。 [GOL/]

原油価格は、米国のリグ稼働数の減少を示すデータに加え、ウクライナによるロシア製油所への攻撃によって下支えされた。 [O/R]

ブレント原油は21セント上昇して1バレルあたり85.64ドル、米国産原油は23セント上昇して1バレルあたり80.86ドルとなった。 [O/R]

(ウェイン・コールによる報告、シュリ・ナヴァラトナムによる編集)

READ  [Today’s K-pop] Kep1er が日本ショーケースに日付を追加