12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ほとんどのOECD諸国は、新しい石炭火力発電所の輸出信用を完了しています


写真

パリ(ロイター)-経済協力開発機構(OECD)は、ほとんどのOECD諸国が石炭火力発電所への輸出信用を停止することに同意したと述べています。

参加国は、オーストラリア、英国、カナダ、欧州連合、日本、韓国、ニュージーランド、ノルウェー、スイス、トルコ、米国です。

パリに本拠を置く組織は、外国のバイヤーが国内の輸出業者からの商品の購入に資金を提供するのを支援するために、政府の財政支援、直接資金、保証、保険または金利サポートを備えた輸出信用を提供します。

OECDは、この禁止措置は、積極的な炭素回収、利用、貯留(CCUS)のない新しい石炭火力発電所を対象とすると述べた。

この装置の目的は、汚染を管理し、石炭火力発電所が発電所の寿命や容量を延長するのを防ぐこと、またはCCUSを設置する前に行うことです。

OECDは、各国がCOP26気候会議の準備をしているため、禁止は10月末までに発効すると述べた。

(LeThomasによる報告; JasonNeelyとLouisHeavensによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  アップデート1-竹田がNovaVoxKovitをリリース-2022年初頭に日本で19発撮影