12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

なんてワーム! 日本の会社は線虫を使って癌を診断している

東京を拠点とするヘロデバイオサイエンスの記者会見では、小さな線虫を使用して膵臓がんの初期段階を検出するために、ペトリ皿に小さな線虫が導入されました。
画像クレジット:AFP

東京:日本のバイオテクノロジー企業は、尿中の膵臓がんの初期兆候を検出するために小さなワームを使用したスクリーニング検査を開発しました。これは、定期的なスクリーニングの増加に役立つことを期待しています。

科学者たちは、癌患者の体液が健康な人の匂いとは異なることを長い間知っており、犬は呼気や尿のサンプルで病気を診断するように訓練されています。

しかし、HIROTSUバイオサイエンスは、膵臓がんの人の尿に反応する長さ約1ミリ、嗅覚の強い「C.エレガンス」と呼ばれる一種の虫を遺伝子組み換えしました。これは早期発見が非常に困難です。

「これは大きな技術革新です」と、線虫の研究を専門とする非営利団体であるAFPの最高経営責任者である広津崇亮氏は述べています。

東京に本拠を置く同社は、種類を特定していませんが、ワームを使用したスクリーニング検査ですでに癌を検出しています。

ヘロッツ氏は火曜日の記者会見で、新しい検査は膵臓がんの診断を目的としたものではないが、病院に行かなくても自宅で尿サンプルを採取できるため、定期検査の増加に役立つと語った。

より多くのワームが警告を発する場合、患者はさらなる検査のために医者に送られるだろうと彼は言った。

彼は、これが日本での癌診断率の向上に役立つことを望んでいます。日本は、他の多くの国と同様に、流行中の医療訪問を避けるため、スクリーニング率が低下しています。

OECDのデータによると、発生前は、日本人患者は先進国の多くの同業者よりも癌のスクリーニングを受ける可能性が低かった。

「これはゲームチェンジャーです…それは人々が癌検査について考える方法を変えることです」と会社の研究センターの責任者であるエリック・デ・ルシオは言いました。

癌の検出に関するC.elegansの共同研究は、ヘロデと大阪大学がジャーナル「Oncotarget」で今年初めに発表した共同研究で説明されました。

同社が実施した別のテストでは、ワームは、膵臓がん患者からの22の尿サンプルすべてを正しく識別しました。これには、疾患の初期段階の患者も含まれます。

ニュージーランドのワイカト大学で肺がんを診断する犬の能力を研究した上級心理学講師のティム・エドワーズ氏は、ワームの使用は「有望」であると述べた。

日本の会社とは関係のないエドワーズ氏は、犬とは異なり、ワームは患者の癌を診断するための訓練を必要としないと述べた。

オーストラリア癌グリコミクスセンターの准教授であるダニエルコラリッチは、この方法の「異常な」性質が、あまり注目されていない理由の1つである可能性があると指摘しています。

「個人的には、がんを迅速に診断するのに役立つ検査を開発および特定するために、あらゆる賢明な戦略に従う必要があると思います」と彼はAFPに語った。

しかし彼は、新しい診断は「癌が早期に診断され、偽陽性を回避できるようにするために、高い特異性と感度を持たなければならない」と警告している。

READ  チップ不足がラグタンの日本のモバイルカバレッジを妨げる