5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

すいそフロンティアが日本に向けて出発

世界初の液体水素(LH2)運搬船は、1月28日金曜日に正式に日本に向けて出発し、水素エネルギーサプライチェーン(HESC)パイロットプロジェクトの重要なマイルストーンをマークしました。

スーイソフロンティアは1月20日、ビクトリア朝のヘイスティングス港に停泊しました。アンガステイラーエネルギー相は、「日本、オーストラリア、世界の産業にとって歴史的な日」と表現しました。

その後、水素タンカーに液体水素の貨物が積み込まれ、1週間以内に 到着、日本への最初の任務に着手した。

タンカーの容量は1250m3で、液体水素の約75mtに相当します。

パイロットの目的で、99.9%の純粋な水素がガス化によってラトローブバレーの石炭とバイオマスから生成され、ヘイスティングスにトラックで運ばれ、-253度に冷却され、その後、ガス量の800倍未満に液化されてLH2が生成されました。 。

オーストラリアのガス供給業者 コアガス ガス化プラントのオンサイトサポートと設備を提供する契約を結んだ。

CoregasイノベーションマネージャーWodekJakubik スイソフロンティアの乗組員が日本への帰国に最善を尽くすことを望みました。

「何年にもわたる準備の後、コアガスは日本への液体水素の最初の出荷のためにスイソフロンティアの積み込みを完了した」とヤクビクは言った。

「船舶の1250m3の真空断熱、二重シェル構造の液化水素貯蔵タンクに接続すると、Coregasのエンジニアが現場の携帯型配送車両を使用して充填を完了しました。」

LH2船がLH2を日本の神戸に輸送するのに約2週間かかります。

この5億ドルのプロジェクトは、日本政府とオーストラリア政府が共同で資金を提供しています。

詳細については、 HESCパイロットプロジェクトのウェブサイト。

READ  Kovit-19の期間中の日本への旅行:行く前に知っておくべきこと