7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

このボンカーズホバークラフトは間もなく日本で乗客を運ぶようになる – ロブ・レポート

このボンカーズホバークラフトは間もなく日本で乗客を運ぶようになる – ロブ・レポート

グリフォン ホバーワークは、東アジアでの「ホバートラベル」の実現にまた一歩近づいています。

英国の組織は、新しい12000TDホバークラフトが英国での海上試験を完了したと発表した。 海洋産業ニュース。 この船は現在、大井空港と大井田市の間に新たな旅客サービスを確立するために日本に向かっている。

Griffon はすでに同様の 12000TD を Hovertravel に供給しています (下の写真)。 英国交通機関は、ポーツマスのサウスシーとワイト島のライドの間で乗客を輸送するためにこの航空機を使用しています。 グリフォンは日本市場向けにいくつかのデザイン変更を加えました。 さらに重要なことは、新しい 82 フィートのモデルは標準モデルよりも 7 フィート近く長いことです。 したがって、乗客80名と車椅子の乗客2名を快適に収容できます。

ホバートラベルの 12000TD はポーツマスから乗客を運びます。

フィンバー・ウェブスター/ゲッティ

キリスト教徒 男の子、この工芸品は完成するまでに2年間の努力を必要としました。 チームは、水密な船体を作成するために、何千ものアルミニウム片を接合し、曲げ、溶接する必要がありました。 彼らは、圧力を逃がして船を所定の位置に押し込むバルブを備えた「パフポート」機構を設置しました。

「操縦性が非常に高く、日本の顧客はボートハウスのスペースが非常に狭いため、船を駐機するのに役立ちます」とグリフォンの主任操縦士ベン・エイブリー氏はYouTubeクリップで説明した。

さらに、 男の子 1,000 馬力の MAN V-12 ディーゼル エンジンを搭載し、75 デシベル以下の客室騒音で 45 ノットまで推進できます。 グリフォン氏によると、この船はランニングコストとメンテナンスコストが低く、積載量は13トンだという。

日本の大分県は実際にホバークラフト3機を一部運用していた 3,200万ドル(2,500万ポンド)の契約。 このトリオは、約10年前に最後に使用された、市内と空港の間の重要なフェリールートで乗客を運ぶことになる。 3つのクラフトはいずれも来年1月に日本で発売される予定だ。

グリフォンは過去半世紀にわたって180機のホバークラフトを41カ国以上に納入してきたが、これは同社にとってこれまでで最大規模の契約の1つだという。

READ  日本のコンビニチェーンから「さくらラテ」が登場! – SoraNews24 -日本のニュース-