7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

このアメリカ製の全電動シーグライダーが日本へ向かう

このアメリカ製の全電動シーグライダーが日本へ向かう

新しい戦略的パートナーシップにより、リージェントの世界的な活動範囲が拡大します。 日本の有力者は、効率的で排出ガスのない旅行を可能にするこの革新的なテクノロジーの可能性を見出しており、その一部を欲しがっています。 間もなく、リージェント シーグライダーは、日本の海岸線やその他の地域に沿って、クリーンで高速な旅客輸送を提供することになります。

ロードアイランドに拠点を置くリージェントは、数百機のシーグライダーを世界中の運航会社に販売してきました。 今月、戦略的投資により、この未来的な飛行機とボートが日本の旅行者に届けられます。 その背後にある名前は MOL (商船三井) です。この海運会社は、革新的な環境に優しい船との関連性から AutoEvolution で頻繁に取り上げられています。

実際の投資は商船三井の米国に拠点を置くベンチャーキャピタル会社であるMOL Switchから行われ、日本およびその他の海洋地域でのシーグライダー輸送への扉が開かれることになる。 この最新の投資は、シーグライダー技術全般、特にリージェントビークルに対する日本の関心の高まりを裏付けるものである。 この米国企業には、物流大手のヤマトホールディングスや日本航空(日本航空イノベーション基金経由)など、日本からの戦略的投資家が多数集まっている。

日本は、沿岸地域またはその近くに住むすべての国民のために効率的で持続可能な交通手段を導入したいと考えている島国の一つです。 リージェント シーグライダーの主な利点は全電気推進であり、性能を損なうことなく排出ガスを出さない代替機となります。

会社の主な名前は Viceroy です。 Viceroy は 12 座席構成で、最高速度は 180 マイル (290 km)、1 回の充電での航続距離は 180 マイル (290 km) です。 将来的には、ヴァイスロイの後に、100席の構成と500マイル(804キロ)の航続距離を組み合わせた強化されたシーグライダーであるモナークが続く予定です。

この革新的な車両の主な秘密の 1 つは水中翼技術です。 e-シーグライダーはボートのように波止場から離陸し、外海に到達すると離陸するように設計されています。 初期段階では、シーグライダーは水中翼で上昇します。 次に、車両はフォイルを格納し、飛行機のように動作し始めます。 飛行モードでは、水の近く(水上の翼内)に留まります。

リージェント E-シーグライダー 基本的にはボート、水中翼船、飛行機の 3 つの操作モードがあります。 それは完全に電気であり、デジタル飛行ソフトウェアと従来のボート制御の両方を備えています。 このハイブリッド構造の主な利点の 1 つは、既存のドック インフラストラクチャとの互換性であり、これによりコストが削減され、通常の商用サービスへの移行が迅速化されます。 さらに、シーグライダーは、地域の汚染を増大させることなくタイムリーな輸送と配達を保証するのに十分な速さです。

ロードアイランドに本拠を置く同社は、これまでに600台、90億ドル以上相当の注文を受けている。 リージェントの世界的な顧客は、ヨーロッパのフェリー会社数社からハワイのモクレレ航空まで多岐にわたります。 Viceroyの旗艦は早ければ来年にも商業運航に入る予定だ。

READ  日銀は価格見通しを引き上げますが、はるかに簡単な政策を維持します