7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ここは中国本土の人が旧正月に海外旅行した場所です

ここは中国本土の人が旧正月に海外旅行した場所です

北京-中国本土からの旅行者は、北京がCovid関連の国境管理を緩和した後の最初の休日である旧正月の間、アジアの故郷の近くで立ち往生しました。

Trip.com によると、香港とマカオが最も人気があり、旧正月の最初の 4 日間に同社のプラットフォームでフライトの予約があったことを挙げています。 七連休は土曜日から始まりました。

Trip.comによると、本土の旅行者に最も人気のある次の3つの海外旅行先は次のとおりです。

3. バンコク

4. シンガポール

5. プーケット、タイ

休暇の最初の 4 日間の本土から海外の目的地への旅行のフライト予約は、昨年の 4 倍になりました。 トリップドットコム 彼は言った。

12 月下旬、北京は 1 月 8 日の始まりを発表しました。 旅行者は本土到着時に隔離される必要がなくなります、そして中国市民が海外でのレジャー旅行を再開できるようになること。 この変更により、ほぼ 3 年間にわたる国境管理に終止符が打たれました。

しかし、日本と韓国―― いずれも中国人観光客に人気 – その後、ビザの制限やCovid-19に感染した個人への検疫の実施など、中国からの旅行者に一時的な制限を課しました。

シンガポール 変更は発表されていませんが、 タイは、海外からの訪問者にCovidワクチン接種の証明を提示することを要求する計画を、発表からわずか数日後に廃止しました.

中国では、北京が 12 月初旬にほとんどの国内 COVID コントロールを終了した後、COVID 感染の波が見られました。 本土への旅行には、引き続きCovid検査の陰性が必要です。

ユーロモニター インターナショナルによると、2019 年に海外に出国する中国人観光客はショッピングに 547 億ドルを費やしました。

READ  世界保健機関が亜種に関する詳細を求めているため、中国のメディアはCOVIDの深刻さを軽視している